名水地・大分で作られる酵素シロップ 健康的なその効能とは?

このエントリーをはてなブックマークに追加

大分県の豊後大野市に、酵素シロップを手がけるタオ・オーガニック・キッチンはあります。名水百選に選ばれた白山川や竹田湧水群をはじめとする清流があり、2013年には自然遺産「ジオパーク」に認定されています。そんな豊かな自然の中で作られる、さまざまな効能と種類がある酵素シロップ。そのこだわりをご紹介します!

 

ultrapoint03
up01自然豊かな場所で、すべて手作業で作られる逸品
up02枇杷、イチジク、甘夏、カボスなど豊富な種類が!
up03パンにつけるもよし、炭酸水で割って飲むもよしな味わい方


up01自然の恵みを大事にしたスタッフのこだわり

rd850_slideshow_img21
出典:http://www.premium-j.jp/eat_drink/18751/

豊後大野市は「おおいたの野菜畑」と呼ばれ、長年農薬も化学肥料も使わず、作物を育ててきた農家の方々が沢山います。そんな志ある農家の人たちが育てた農産物を材料に、タオ・オーガニック・キッチンの商品は作られます。代表の米澤陽子さんをはじめ、そこで働くスタッフは、子育て中の4人の若いお母さんたち。すべて手作業なので量産はできず、地元の厳選された材料も入手できる時期は限られるため、商品が届くまで時間がかかることもありますが、「季節の巡りかわりや自然のリズムといったものを少しでも感じてもらえたら」という想いで、商品をお届けしているそうです。

 

up02そもそも酵素の効能とはどんなもの?

rd850_slideshow_img11
出典:ttp://www.premium-j.jp/eat_drink/18751/

酵素シロップは、季節の果物や植物を酵素発酵させて作られています。酵素とは食べ物の消化や皮膚の新陳代謝、血液の循環など体のあらゆる働きに関わるもの。発酵とは沢山の微生物(酵母や酵素、さまざまな菌類)たちの作用によって、食物の中の糖質やたんぱく質、でんぷんなどが分解されてより良い成分が作り出される働きのことです。酵素を含む食品の多くは、酵素の活動を抑制する物質が含まれていますが、発酵させることによって抑制を防ぎ、活発にすることができるのです。このような仕組みで作られる食品には、味噌やしょうゆ、お漬け物などがあります。

 

up03果物から野菜まで、すべて季節限定の酵素シロップ

rd850_slideshow_img01
出典:ttp://www.premium-j.jp/eat_drink/18751/

季節の酵素シロップの材料は、奥豊後で採れる枇杷、イチジク、甘夏など旬の果物。さらに茄子や人参などの野菜もあります。もちろんすべて旬の材料を使うので、季節限定商品となります。カボスの酵素シロップには、大分の誇る香酸柑橘ガボスを使用。カボスは果汁が多くクセが無いため、料理やお菓子作りの香りづけにも重宝します。レモンとはひと味違う、独特のさわやかさをお楽しみあれ。カボスの酵素シロップを水、お湯や炭酸水で3~4倍に割って、ジュースにして飲むのもおすすめです。さわやかな香りとほのかな苦み、きび砂糖のまろやかな甘みがさっぱりしていて、胃腸が休まりますよ。

 

「季節の酵素シロップ」
価格:カボスの酵素シロップ2,000円(税別)など他各種あり

 

(C)タオ・オーガニック・キッチン All Rights Reserved

前の記事へ

【ウルトラマンと東貴博さんにスペシャルゲストも登場!】 「ものづくり 匠の技の祭典2016」本日より開催

【ウルトラマンと東貴博さんにスペシャルゲストも登場!】 「ものづくり 匠の技の祭典2016」本日より開催

次の記事へ

もう一度行きたくなる贅沢なお店 「銀座 東海林(しょうじ)」の格別な和食とは?

もう一度行きたくなる贅沢なお店 「銀座 東海林(しょうじ)」の格別な和食とは?

関連記事RELATED ARTICLE

3つのおいしいポイントがぎゅっと凝縮! 島生まれの「瀬戸内プレミアムジャム」

京都よりも生産量が多い日本一の伝統本玉露とは? 江戸時代から続く矢部屋許斐本家「焙炉式八女茶」

野菜なのにお菓子! 伝統の技でつくられるお茶菓子「江戸砂糖漬」のお味は?

【3分でわかるニッポンの伝統工芸】愛媛県の伝統的工芸品をひとまとめ!

【3分でわかるニッポンの伝統工芸】福岡:博多人形

【3分でわかるニッポンの伝統工芸】沖縄:与那国織

【動画】「ものづくり匠の技の祭典2016」を1分30秒の動画にまとめました!

倍賞千恵子さんがサプライズ登場! 山田洋次監督のリスペクトライブ&クロージングイベントレポート

伊達政宗や七夕といえばここ! 宮城県の「ウルトラな祭」5選

キーワードKEY WORD