「カブラジル!これでもくらえ!」 ウルトラ【まる怪】グルメ 第4回〜群馬県編〜

このエントリーをはてなブックマークに追加

ニッポンのウルトラなものを日々調査している「ウルトラJ」編集部より、ご当地グルメ担当のメロス山本隊員が見つけた「まるで怪獣のように魅力的な名前を持つグルメ」略して《マル怪グルメ》5選をお届けします!


こんにちは! メロス山本、略してメロ本です!

これまでに北海道熊本岡山県の「マル怪グルメ」を探訪してきましたが、いやあ、この広い日本には、あるもんですねえ。

「まるで怪獣のように、魅惑的で強烈な響きを持つ名前の食べ物」が。

というわけで…今回の舞台は群馬県

群馬というと、ダルマネギコンニャク、といった名産品が有名ですが、ヤマトタケルが亡くなった妻を想って悲しんだことから「嬬恋」「吾妻」などの地名が残っていたりする、古えよりロマンチックな土地柄!

天を衝くダイダラボッチのような巨人伝説などもたくさんありますから、えっれー「まる怪グルメ」がいっぱい見つかるでしょう!

たとえば、この、怪獣としか思えないような「カブラジル」のように!

 

1.「カブラジル」登場

私がウルトラセブンなら、思わず、

「出たな猛毒怪獣カブラジル! これでも喰らえ!」 

アイスラッガーでもくらわしてやりたくなるような、怪獣チックな名前ですが、

実はこれは、宇宙人に操られた猛毒怪獣ではありません。

そんな「えっれー」なものではなくて、この「カブラジル」は群馬県の郷土料理の名前だというのです!

カブラジル」!

まるで怪獣の名前のようなグルメの正体と、その味とは…?

鏑汁
出典:http://www.daiei.jp/recipe/index.php/search/detail/20091048

おお! こ、これが、カブラジル!

この「二次元怪獣 ガヴァドンA」のような真っ白な団子!

カブラジルとは、蕪(カブラ)とも、ブラジルとも関係がなく、漢字で描くと「鏑汁」

群馬県の荒船山に源流に、富岡市や甘楽郡を流れる清流・鏑(かぶら)川がその名前の由来です。

旨味たっぷりで具だくさんの郷土料理のお汁物。

群馬県が日本一の生産量を誇る「こんにゃく」はもちろん、ねぎやしいたけ、里芋などの野菜、白玉団子などが入っています。

白玉団子の形は、蚕(かいこ)の繭(まゆ)の形をしていますが、これは世界遺産になった「富岡製糸場と絹産業遺産群」をイメージしたものだそうです。

こんにゃく、しいたけ、ねぎが入った汁物に「こしね汁」というものがありますが、それに養蚕のシンボルである蚕の白玉を浮かべたのが「蕪汁」。

まさに群馬の歴史と風土、名物がつまった「鏑汁」。

これからの寒い季節には、温かい鏑汁がピッタリです。

農林水産省選定 郷土料理百選
http://www.rdpc.or.jp/kyoudoryouri100/ryouri/10.html

 

2.カリボー(高崎市)

次なる「まる怪グルメ」は!

「カリボー」

うーん! これも……怪獣っぽい名前ですね。

「カリボー」

っていう名前の響きからすると、まるで悪の大王的な存在に仕える下っ端の、一番先にやられる尖兵、雑魚のような感じがあります。

あるいは、最初に出てきて、美味しいから強い怪獣に食べられちゃう

「古代怪獣ツインテール」のような怪獣かもしれません。

それでは「カリボー」に登場してもらいましょう!

…レッツカリボー!

1907586_1553445131592427_1115191206024695366_n
 出典:https://www.facebook.com/currybow/

「カリボー」です!

見ての通り、揚げ物ですが、一体何を揚げたものでしょうか!?

その答えは、なんと…!

「カレー」「ご飯」です!

「カリボー」とは。高崎市新町商工会青年部が考案した新町オリジナルグルメ。

チーズを混ぜたドライカレーを豚肉で包んで揚げたもので、カレー味の具材を、棒状にして「カリー」と「棒」で「カリボー」ってことなんですね。

棒状なので、ファストフードとして食べ歩きすることも出来ますし、お皿に乗せれば、立派なおかずにもなります。

高崎市内のお店で提供されていて、お店ごとにそれぞれアレンジが違う味が楽しめますので、ぜひ、高崎市にいらっしゃった時には、パクっと食べてみてはいかがでしょうか。

●カリボーFacebook
https://www.facebook.com/currybow/

 

3.ギンヒカリ

「ギンヒカリ」!

こ、これは怪獣っぽい名前……というより、

どちらかというと、銀色の巨人……ウルトラマンっぽい名前でもありますね。

「ギンガ」とか「ヒカリ」みたいな。

では……
一体、どんなグルメなのか、見てみましょう!

「ドン!」

main
出典:http://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000003.000010726.html

おお!

これがギンヒカリ!

確かにボディがシルバーに輝いています!

「ギンヒカリ」は、群馬県が誇る最高級ニジマスです。

海がない群馬県ですが、「山の清流で育つサーモン」として、ウルトラ級に美味しい魚。

それが「ギンヒカリ」です!

通常、ニジマスは2年で成熟するのですが、ごく稀に3年で成熟する個体が存在し、

それが「とても旨い」ということが知られていました。

そこで、この「幻」の3年成熟のニジマス(通称「ギン」)を選抜して養殖し、

品種として固定化させたのが、「ギンヒカリ」なのです。

成熟時間が長いということは、肉質が低下せず、美味しい状態のまま大きく育つと

いうことで、ここに高品質な大型のニジマスが誕生したのです。

繊細でなめらかな肉質は、これまで主流だった焼き魚やフライだけでなく、

刺し身やマリネ、カルパッチョのような生食にも適しています。

清流で育つサーモン・ギンヒカリは、群馬県内の温泉旅館やレストランなどで提供されています。

どうぞご賞味あれ!!

●群馬県
http://www.pref.gunma.jp/06/f2210001.html

 

4.ムギラクガン

「ムギラクガン!」

こ…この字面は…

なんとなく、体の奥底からグルグルとパワーが渦巻いているような感じがしますね。

無理を通して道理をぶっ飛ばすような、そんな突破力のある名前ですよ!

一体なんだかわからぬけれど

調べてみよう!

「ムギラクガン」

GO!

mugirakugan_3syurui
出典:http://www5a.biglobe.ne.jp/~mimasuya/rakugan.htm

こ、これが…。

これが「ムギラクガン!」なのか!

シンプルで味わいぶかい、エレガントなデザイン!

これは……

お茶菓子・和菓子の「落雁」ではないですか!

「麦落雁」(ムギラクガン)は、群馬県の館林名物で、

その名の通り、麦で出来た落雁。

落雁というと、通常は、米粉を砂糖や水飴で固めて乾燥させたものですが、

古くから上州・群馬県は麦の産地として知られ、麦を使った料理が発達したそうです。

この麦落雁も、その一つで、江戸時代文政年間に特産の大麦と、

精選された砂糖を使って作られるようになりました。

江戸時代は館林藩主に、そして現在も皇室に献上されている、由緒正しいお菓子です。

控えめな甘さに、香ばしい麦の香り、素朴な味わいは、お茶だけでなく、

コーヒーにもよく合う「麦落雁」を、群馬土産にいかがでしょう。

●三桝屋総本舗
http://www5a.biglobe.ne.jp/~mimasuya/index.htm

 

5.オキリコミ

「オッキリコミ」「キリコミ」「ニボウトウ」「ニゴミ」……

地域によっても呼び名が違う「オキリコミ」

きっと、その語感からすると、切れ者の宇宙人か、切り込み隊長的な怪獣、

もしくは、宇宙剣豪的怪人にちがいありません!

群馬で知らない人がいないといわれるこの「オキリコミ」とは、一体どんなものでしょうか?

では、

ドーン!

okirikomi
出典:http://www.jyosyu-udon.jp/cooking/c04okirikomi.htm

おお、これがオキリコミ!

これは…うまそう!…

この「おきりこみ」は、群馬の「ソウルフード」の一つ。

特産の小麦粉でこさえた幅広の生麺を季節の野菜などといっしょに煮込んだ、

具だくさんの郷土料理です。

麺の打ち粉もいっしょに煮込むので、とろみがあるのが特徴です。

「おきりこみ」(おっきりこみ)の名前は、麺を切っては入れ、切っては入れすることから名付けられました。

もともと中国から伝わり、京都の宮中で食べられていた料理が、

12世紀に本拠地の上州に戻り、一族に伝えたといわれています。

農作業や養蚕で忙しかった農家の、手早く作れる夕食、「おふくろの味」として現代に伝わり、

群馬県の無形民俗文化財や、農山漁村の郷土料理百選にも選ばれています。

県内の料理店でも気軽に食べられる「おきりこみ」。

これから寒くなる秋から冬にかけては、特に美味しい季節ですので、群馬に行かれたら、

食べて温まってみてはいかがでしょうか。

●ぐんまのおきりこみと伝統食
http://www.gunma-okirikomi.jp/

 


全国にはまだ、「まるで怪獣のような魅力的な名前を持つグルメ」(マル怪グルメ)がたくさんあります!

次はあなたの街の「マル怪グルメ」をご紹介するかもしれません! (情報をお寄せください!)

それでは!

 

プロフィールPROFILE

山本メロス

子どもの頃、ウルトラマンの当て物カードとウルトラマン消しゴムを収集し、ケイブンシャの「全怪獣怪人大百科」を愛読。
好きな怪獣は恐竜戦車。好きな快獣はブースカとチャメゴンとカモスケ。
好きなウルトラマンはウルトラマンキッズの「ルーキー」。

前の記事へ

暮らしに寄り添うニッポンの工芸が展示 9/6〜開催の「そばにいる工芸」展とは?

暮らしに寄り添うニッポンの工芸が展示 9/6〜開催の「そばにいる工芸」展とは?

次の記事へ

「シン・ゴジラ」に続く野村萬斎さんの新たな挑戦とは? 2017年1月1日~3日、「 J-CULTURE FEST/にっぽん・和心・初詣」 が開催

「シン・ゴジラ」に続く野村萬斎さんの新たな挑戦とは? 2017年1月1日~3日、「 J-CULTURE FEST/にっぽん・和心・初詣」 が開催

関連記事RELATED ARTICLE

「くらえ、ガタタン!」ウルトラ【まる怪】グルメ 第1回〜北海道編〜

「バンペイユ!これでもくらえ!」 ウルトラ【まる怪】グルメ 第2回〜熊本編〜

「ドドメセ!これでもくらえ!」 ウルトラ【まる怪】グルメ 第3回〜岡山県編〜

【ウルトラマンも登場】温泉総選挙2016「ウルトラJ賞」は「ちゃたん恵み温泉 美浜の湯」に決定!

包む楽しみが味わえるデザインとは? 遊び心あふれる、京都「福コチャエ」の風呂敷

島崎藤村、梶井基次郎も愛した宿!静岡・伊豆の温泉宿「落合楼 村上」で文豪気分を味わっては?

熱海に建つ隈研吾が設計した宿とは? 旅を極めた大人のための温泉宿「ATAMI 海峯楼(かいほうろう)」

和紙の手ざわりが気持ちいい! 富山県・五箇山和紙の文房具

【プレゼントあり】ウルトラマンの町の限定お土産ご紹介! 円谷英二監督の故郷・福島県須賀川市に行ってきました!vol.3

キーワードKEY WORD