ウルトラJ

2016.11.09

グルメ
【岡山グルメ特集】お寿司やおつまみに最適! 岡山県民のソウルフード「ままかり酢漬け」を食レポ

こんにちは、ウルトラJライターの地底女@蓮理です。昨日の「ひるぜん焼きそば」に続いて、ウルトラJ編集部プレゼンツ・岡山グルメ特集をお送りします。

実は私、親戚が岡山県にいるので、ちょっと岡山には親しみがあります。「晴れの国おかやま」は、地底とは真逆ですけどね……。悔しいけど穏やかな瀬戸内の海は素晴らしいです。

今回は岡山に行ったら一度は味わってほしい、ままかり酢漬けをご紹介いたします!

CIMG5700_s

「ままかり」は、岡山以外ではあまり知られていないかもしれませんね。ニシン科の魚で、別名「サッパ」といいます。そしてままかりの酢漬けは、岡山の郷土料理であり、ソウルフードです。酢飯と一緒に食べるままかり寿司もとても有名です。

今回購入したのは、JR岡山駅内の「さんすて岡山」にも店舗がある瀬戸内物産株式会社さんの「瀬戸内名産ままかり酢漬け」。合成保存料不使用で米酢を使用した体にやさしい一品です。

CIMG5780_s

箱の中から出てくるのは、ひたひたの米酢に浸かったままかり酢漬け。生姜や唐辛子と共に漬けられ、風味を保っています。これはお酒に合いそうな予感!

CIMG5809_s

お皿に並べてみました。ままかりは10〜15cmの小さな魚です。こちらの酢漬けは頭の部分がきれいに取ってあるので、さらに食べやすそう。

早速いただきます!

箸で掴んでそのままかじりつくと、引き締まった身から酸味がじゅわーっとあふれ、口の中を刺激します。子供の頃はこのパンチ力に耐えらず、ままかりなんて! と思ったこともありました。でも、今ならわかる。これは大人になる度に深く染み入ってくる魔法の味です。大人になってよかった!

酢漬けなので骨まで軟らかく、あっという間に一尾食べ終わってしまいます。酸味が強いのでお酒もすすむ! まま(岡山の方言で飯のこと)を借りに行くほど美味しいということから、「ままかり」と呼ばれるようになったとのことで、ご飯とも相性抜群です。

岡山にお越しの際は、ぜひ現地でままかり寿司を食べてみてくださいね。一癖も二癖もある味わいにきっと虜になるはず。そしてその味が忘れられなくなったら、酢漬けをお土産にしてはいかがでしょうか。日持ちするので、いつでも岡山の郷土の味に親しむことができますよ。

もっと詳しく「ままかり酢漬け」を知りたい方はこちら