【岡山グルメ特集】アンテナショップの店員オススメの地酒 希少な米で作った日本酒「赤磐雄町」をご紹介

このエントリーをはてなブックマークに追加

こんにちは、ゼットン・奥島です! ウルトラJ岡山特集もラストスパート。本日は手作りワイン「マスカット・オブ・アレキサンドリア」と同様に、アンテナショップ「とっとり・おかやま新橋館」の店員さんがオススメしてくれた日本酒をご紹介します。

備前・岡山のこだわりの地酒蔵・利守酒造(としもりしゅぞう)さんの大吟醸酒「赤磐雄町(あかいわおまち)」。幻の米と呼ばれている「雄町米」を惜しげもなく使用し、精魂込めて醸した純米大吟醸酒です。

CIMG5678_s

金色の文字がなんとも言えぬ貫録を漂わせている「赤磐雄町」。いったいどんな味わいで楽しませてくれるのか、封を開ける前からワクワクしてしまいます。

CIMG5849_s

というわけでお酒をトクトクとついでみました。お酒は大好きなのですが、飲みすぎるといけないので控えめに……。

実は日本酒はあまり得意ではないゼットン・奥島ですが、果たしてそのお味は?

「甘くてすごく飲みやすい!」

幻のお米「雄町米」の甘味なのでしょうか? とても甘味があってまろやかな飲み心地で、するすると飲めてしまう、とても危険なおいしさです(笑)

日本酒苦手だったんじゃないの? という声はどこへやら。2杯3杯とお酒が進んでしまいました! お酒好きの女性にも人気がありそうな「赤磐雄町」ですが、実は季節限定商品の「赤磐雄町・荒走り」というお酒も存在しています。酒造の工程で最初に垂れてくる荒走りのみで出来たお酒で、新酒のできる季節しか販売されない希少なお酒だそうですよ。12月初旬に発売予定なので、そちらもチェックしてみてください。

いずれ「赤磐雄町・荒走り」も味わってみたいと思ったゼットン・奥島でした。皆様も岡山県に足を運ばれた際には是非一度味わってみてください。

もっと詳しく「赤磐雄町(あかいわおまち)」を知りたい方はこちら

プロフィールPROFILE

ゼットン・奥島

再放送で観た初代マンのゼットン回&エースのヒッポリト星人回で強烈なトラウマを植え付けられた子供時代を過ごす。関西出身。実はアメコミ大好きライター。

前の記事へ

【1996年の岡山城】天守閣再建30周年を迎え、岡山市が国の中核市に 「岡山城」50年の歴史を振り返る・その31

【1996年の岡山城】天守閣再建30周年を迎え、岡山市が国の中核市に 「岡山城」50年の歴史を振り返る・その31

次の記事へ

【3分でわかるニッポンの伝統工芸】愛知・常滑焼

【3分でわかるニッポンの伝統工芸】愛知・常滑焼

関連記事RELATED ARTICLE

【岡山グルメ特集】岡山のお土産売り上げNO.1商品 「大手まんぢゅう」を食レポ

【岡山グルメ特集】倉敷発祥の銘菓は岡山土産の定番!「むらすゞめ」を食レポ

【岡山グルメ特集】「団子」ではなく「田楽」!? ロングセラーのご当地銘菓「きび田楽」を食レポ

【岡山グルメ特集】ますや食堂のおばちゃんに感謝! B-1グランプリ優勝の絶品「ひるぜん焼きそば」を食レポ

【岡山グルメ特集】濃厚なホルモンの香りがたまらない逸品! 「津山 ホルモンうどん」を食レポ

【岡山グルメ特集】お寿司やおつまみに最適! 岡山県民のソウルフード「ままかり酢漬け」を食レポ

【岡山グルメ特集】アンテナショップの売れ筋商品 こだわりフルーツのコラーゲンゼリーを食レポ!

【岡山グルメ特集】アンテナショップの店員さんオススメ! 手作りワイン「マスカット・オブ・アレキサンドリア」をご紹介

【岡山グルメ特集】第2回地場もん国民大賞金賞獲得の逸品 「海餐の宴 牡蠣のアヒージョ」を食レポ!

キーワードKEY WORD