四季を感じる絶品和菓子! 「亀屋良長」のこだわりとは?

このエントリーをはてなブックマークに追加

「亀屋良長」は、京菓子の名門とうたわれた菓子司「亀屋良安」から、享和3(1803)年にのれん分けされました。以来、200年以上看板を守り続け、現在の店主は8代目に当たります。店の場所は、良質な湧き水で知られる四条醒ヶ井の地。地下80mから汲み上げた京の名水「醒ヶ井」が、和菓子作りに利用されています。伝統を守りながら新しい味を生み出し、パティシエともコラボする老舗「亀屋良長」で作られる四季を感じることができる和菓子とは、いかに?

 

ultrapoint03
up01月に4万2000個も作られる! 店を代表する銘菓「鳥羽玉(うばたま)」
up02四季折々の風情を和菓子で表現!
up03伝統と革新。パティシエとコラボしたお菓子も!?


up01雅な名前に相応しい、銘菓「鳥羽玉」の上品な味

1-4[1]
出典:http://www.premium-j.jp/eat_drink/18537/

創業以来の銘菓「鳥羽玉」は、お店を代表するお菓子です。作られる数は、ひと月なんと4万2000個! 黒糖入りのこしあんを寒天で包んでケシの実を散らした、見た目にも麗しいお菓子になっています。烏羽玉とは、「黒」や「闇」にかける枕詞。その意味を体現しているかのごとく、「烏羽玉」の魅力は漆黒のこしあんです。こしあんに使われる黒糖は沖縄の波照間島産のものにこだわり、それがまろやかな味と深いコクを生み出しているのだとか。見た目も味も素晴らしい、伝統あるお店の顔に相応しい逸品ですね。

 

up02歴代の見本帳から発想し、季節を体現した新作を生み出す!

2-4[1]
出典:http://www.premium-j.jp/eat_drink/18537/

「亀屋良長」では、歴代がデザインした和菓子の見本帳をはじめ、木型、配合帳、菓子箱など、古いものを大切に保存しています。特に菓子見本帳には遊び心あるモダンな作品が多く、今でもお菓子作りの参考にしているとのこと。お店ではそうした伝統を守りつつ、柔軟な発想で毎年新しい味を作り出しているのです。

中でも魅力的なのが、季節ごと月ごとの風情を感じさせる和菓子の数々。和暦に合わせた月替わりの和菓子は、その月を表現するのに相応しい原材料を元に創作されます。たとえば「京半月(迎春)」は、こしあんと宇治抹茶あんを煎餅餅で挟んだ、松竹梅、干支の焼き印入りの作品で、正月のめでたさを際立たせます。また、冬から春へと向かう時期に相応しい「寒紅梅」は、梅の形をした和三盆糖の押しものが小箱に入っています。創意工夫とはこういうことかと、感動を覚えずにはいられません!

 

up03パティシエとのコラボで、新しい味を探求!?

3-4[1]
出典:http://www.premium-j.jp/eat_drink/18537/

伝統の味を生かしながら、現代人の味覚にもピッタリくるお菓子をいかにして作るか追求し続ける「亀屋良長」。なんと、パリでパティシエとして活躍していたサトミフジタ氏とのコラボを実現させました! その成果である「まろんmarron」は、国産栗を生クリームとラム酒を加えた餡玉にして、ラム酒入り寒天でコーティングしたお菓子です。さらに、和三盆の焼きメレンゲなど、和菓子と洋菓子の良さを組みあわせた新しいお菓子も製作。「亀屋良長」の飽くなき探求心は、止まることを知らないようです。

「古きをたずねて新しきを知る」という言葉がありますが、「亀屋良長」にはそうした理念が息づいているように感じます。創業200年以上もの長い伝統を守りつつ、柔軟な発想で新作を生み出す。和菓子で四季を表現するという難しいテーマに挑めるのも、伝統と革新の両面あればこそなのかもしれませんね。そんな「亀屋良長」の銘菓、ぜひ一度ご賞味ください!

 

「鳥羽玉 」6個入り
価格:486円(税込)など各種あり

 

写真:©亀屋良長 株式会社

前の記事へ

包む楽しみが味わえるデザインとは? 遊び心あふれる、京都「福コチャエ」の風呂敷

包む楽しみが味わえるデザインとは? 遊び心あふれる、京都「福コチャエ」の風呂敷

次の記事へ

「ものづくり・匠の技の祭典2016」でウルトラマンと握手! イベントスケジュールをご案内

「ものづくり・匠の技の祭典2016」でウルトラマンと握手! イベントスケジュールをご案内

関連記事RELATED ARTICLE

宝石?宇宙?いいえ、チョコです! 輝くチョコレート「ショコラブティック レクラ」

芸術品?それともお菓子? 美しき伝統の飴細工

野菜なのにお菓子! 伝統の技でつくられるお茶菓子「江戸砂糖漬」のお味は?

【岡山グルメ特集】アンテナショップの売れ筋商品 こだわりフルーツのコラーゲンゼリーを食レポ!

【打ち上げ花火、家で観るか?外で観るか?】六本木ヒルズで岩井俊二作品など無料野外上映が実施

「君の名は。」に登場した組紐作りも体験できる! 「東京手仕事」新商品のテスト販売が東急プラザ銀座で開催

ウルトラJ公式インスタグラム本格始動! ウルトラマンこけしが全国をめぐる企画にご注目ください

【3分でわかるニッポンの伝統工芸】秋田:大館曲げわっぱ

ウルトラマングッズは節分にもピッタリ!?  いつもより楽しい節分を!

キーワードKEY WORD