【ウルトラマンこけしがニッポンをめぐる旅】3分でわかるスポット解説:東京都浅草「雷門」

このエントリーをはてなブックマークに追加

CIMG4637s
■浅草のシンボル『雷門』をくぐってみよう!

そもそも雷門とは通称で、正式名称は『風雷神門』ということをご存知でしょうか?

門の右側に風神像、左側に雷神像が建っているため、この名前が付きましたが、いつしか親しみを持って雷門と呼ばれるようになったそうです。942年に現在とは別の場所に建てられ、鎌倉時代以降に現在地に移転。その際に風神像・雷神像が安置されたといわれていますが、1865年に火事で焼失されてしまいます。

現在の門は、1960年に松下電器産業(現在のパナソニック)創業者・松下幸之助氏の寄付により、95年ぶりに復興再建されました。そのため、今も大提灯の下には松下幸之助の名前が刻まれているのです。

門、4つの像、大提灯には長い歴史あり、そのすべてに背景があります。雷門を訪れる際は歴史を感じながら細部にも注目してみると、より楽しめるはずですよ。

CIMG5164s

こちらは雷門近くの仲見世通りで買った人形焼き。浅草土産の大定番!鳩、提灯、五重塔など、様々な形をした人形焼きが売っています。見た目からもわかるように、ふっくらとした食感と甘さ控えめの餡がやみつきになります。人形焼きを売っているお店はたくさんあるので、形や味の違いを食べ比べるのもオススメですよ。

★「浅草寺」公式サイトはこちら

★「ウルトラマンこけし」の紹介記事はこちら

★3分でわかるスポット解説の記事一覧はこちら

★ウルトラマンこけしがニッポン全国をめぐっています! 毎日更新されるウルトラJ SNSアカウントは下記のバナーからフォロー!

uj_twitter_banner1
uj_facebook_banner1
unnamed

前の記事へ

【3分でわかるニッポンの伝統工芸】宮城:仙台箪笥

【3分でわかるニッポンの伝統工芸】宮城:仙台箪笥

次の記事へ

【3分でわかるニッポンの伝統工芸】東京:江戸からかみ

【3分でわかるニッポンの伝統工芸】東京:江戸からかみ

関連記事RELATED ARTICLE

ウルトラマンと一緒にニッポンを旅しよう! ナビゲーションアプリ「NAVITIME」の着せ替えに「ウルトラマン」シリーズが登場

【3分でわかるニッポンの伝統工芸】京都:京漆器

ウルトラマンと怪獣たちが浮世絵になって登場!「浮世絵木版画 ウルトラマンシリーズ」

【ウルトラねこけし】福島編その5!ウルトラマンこけしが《猫の国》のミルク仔猫ちゃんと再会した!

【ウルトラマンこけしがニッポンをめぐる旅】3分でわかるスポット解説:東京都「お台場海浜公園」

【1995年のウルトラマンといえば?】ウルトラマンネオスとウルトラセブン21がデビュー 50年の歴史を振り返る・その30

【プレゼントあり】ウルトラマンの町の限定お土産ご紹介! 円谷英二監督の故郷・福島県須賀川市に行ってきました!vol.3

【ウルトラマンこけしがニッポンをめぐる旅】3分でわかるスポット解説:東京都浅草「浅草寺」

岐阜県・大垣市の「木枡」の技術を活かした、ウルトラなペン立てが登場!

キーワードKEY WORD