【ウルトラマンこけしがニッポンをめぐる旅】3分でわかるスポット解説:東京都浅草「浅草寺」

このエントリーをはてなブックマークに追加


■活気あふれるパワースポット『浅草寺』

浅草寺(せんそうじ)は、東京都内最古のお寺です。その歴史は飛鳥時代から始まります。隅田川で兄弟が漁をしていると、聖観世音菩薩の尊像がかかりました。この兄弟が出家し、その観音様を供養したのが浅草寺の始まりと言われています。

年間約3000万人もの参詣者が訪れ、通称「浅草観音」または「浅草の観音様」として、広く親しまれています。雷門をくぐり、仲見世通りを通過すると目の前には「宝蔵門(ほうぞうもん)」が現れます。仁王像と巨大なわらじが魔を祓ってくれます。

ご参拝の際は、胸の前で合掌して「南無観世音菩薩(なむかんぜおんぼさつ)」と唱えてみましょう。浅草寺ではこの参拝方法を推奨しています。基礎知識を少し持っていれば、より一層楽しむことができますよ。

まずお参りの前に煙と水で身を清めましょう。「常香炉」の煙は心を清め、体の具合の悪い部分にあてると良いとされています。「お水舎」は本堂右手にあり、龍神が守護するお寺なので、龍の口から水が出ています。参道の真ん中は神様・仏様の通り道なので、端を歩いて本堂に向かいます。お参りはきちんとした作法を知り、浅草寺のパワーをしっかり受け取りましょう!

★「浅草寺」公式サイトはこちら

★「ウルトラマンこけし」の紹介記事はこちら

★3分でわかるスポット解説の記事一覧はこちら

★ウルトラマンこけしがニッポン全国をめぐっています! 毎日更新されるウルトラJ SNSアカウントは下記のバナーからフォロー!

uj_twitter_banner1
uj_facebook_banner1
unnamed

前の記事へ

【3分でわかるニッポンの伝統工芸】東京:江戸からかみ

【3分でわかるニッポンの伝統工芸】東京:江戸からかみ

次の記事へ

【ウルトラマンこけしがニッポンをめぐる旅】3分でわかるスポット解説:東京都浅草「浅草公会堂」

【ウルトラマンこけしがニッポンをめぐる旅】3分でわかるスポット解説:東京都浅草「浅草公会堂」

関連記事RELATED ARTICLE

伝統工芸と人気キャラクターがコラボ! 伝統技法「京友禅」で染め抜かれた「おそ松さん」の6つ子たち 

【1991年の岡山城】再建25周年を記念した郷土芸能競演会が開催 「岡山城」50年の歴史を振り返る・その26

【青森ねぶた祭×ウルトラセブン】ウルトラセブンとエレキングのねぶたを皆で協力して出陣させるプロジェクトが実施中!

【2004年の岡山城】丸の内中学校跡地に県立図書館が完成 「岡山城」50年の歴史を振り返る・その39

【3分でわかるニッポンの伝統工芸】大阪府:大阪唐木指物

【3分でわかるニッポンの伝統工芸】新潟:越後与板打刃物

【2009年のウルトラマンといえば?】セブンの息子・ウルトラマンゼロと、ウルトラマンベリアルが登場する『大怪獣バトル ウルトラ銀河伝説 THE MOVIE』公開 50年の歴史を振り返る・その44

【3分でわかるニッポンの伝統工芸】石川:輪島塗

【3分でわかるニッポンの伝統工芸】福井:若狭塗

キーワードKEY WORD