【ウルトラマンこけしがニッポンをめぐる旅】3分でわかるスポット解説:東京都浅草「浅草公会堂」

このエントリーをはてなブックマークに追加


■雷門から5分! 由緒あるコンサートホール『浅草公会堂』とは?

浅草寺にほど近いオレンジ通りの端にあるレンガ造りの建物で、1977年にこけら落としが行われてから、いとうせいこうさんが総合プロデューサーを務める「したまちコメディ映画祭 in 台東」など様々な催し物が行われてきました。本格的な花道を備えた大ホールは客席数1,082名。歌舞伎や日本舞踊の臨場感あふれる舞台を演出することができます。

毎年1月には「新春浅草歌舞伎」が上演され、お正月の風物詩といて定着。初めて歌舞伎に行く方にはぴったりのイベントですよ。

正面入口の前には「スターの広場」があり、中に入らなくても見ることができるので通りがかりに写真を撮る人が絶えず、浅草の名所の一つになっています。

こちらは『スターの広場』の手形とサイン。大衆芸能の町でもある浅草ゆかりの人の中から毎年数人が選ばれ、アメリカのグローマンズ・チャイニーズ・シアターのように手形とサインが飾られています。ちなみに1979年に創設され、手形第一号となった美空ひばりさんや、三船敏郎さんなど、手形の数はそこまで多くないので一つ一つチェックしてみるのも楽しいですよ。

★「浅草公会堂」公式サイトはこちら

★「ウルトラマンこけし」の紹介記事はこちら

★3分でわかるスポット解説の記事一覧はこちら

★ウルトラマンこけしがニッポン全国をめぐっています! 毎日更新されるウルトラJ SNSアカウントは下記のバナーからフォロー!

uj_twitter_banner1
uj_facebook_banner1
unnamed

前の記事へ

【ウルトラマンこけしがニッポンをめぐる旅】3分でわかるスポット解説:東京都浅草「浅草寺」

【ウルトラマンこけしがニッポンをめぐる旅】3分でわかるスポット解説:東京都浅草「浅草寺」

次の記事へ

【3分でわかるニッポンの伝統工芸】富山:井波彫刻

【3分でわかるニッポンの伝統工芸】富山:井波彫刻

関連記事RELATED ARTICLE

【3分でわかるニッポンの伝統工芸】東京:東京アンチモニー工芸品

【2016年ウルトラJ振り返り企画vol.4】円谷英二監督の故郷・須賀川市の花火大会と松明あかしを現地レポート!

【打ち上げ花火、家で観るか?外で観るか?】六本木ヒルズで岩井俊二作品など無料野外上映が実施

エコの精神を宿した海外発の盆栽! かわいらしい外見の「MASUMOSS」とは?

能登半島の夜を彩る日本一の巨大な灯籠・キリコとは? 石川県で開催される「ウルトラな祭」5選

【3分でわかるニッポンの伝統工芸】広島:川尻筆

【1969年のウルトラマンといえば?】この年唯一の映像作品が話題に! 「ウルトラマン」50年の歴史を振り返る・その4

【3分でわかるニッポンの伝統工芸】大阪府:大阪欄間

【1967年のウルトラマンといえば?】根強い人気の「ウルトラセブン」が放送開始! 「ウルトラマン」50年の歴史を振り返る・その2

キーワードKEY WORD