【ウルトラマンこけしがニッポンをめぐる旅】3分でわかるスポット解説:東京都浅草「浅草花やしき」

このエントリーをはてなブックマークに追加


■日本最古の遊園地『浅草花やしき』

江戸時代の1853年に造園師・森田六三郎により花園(かえん)として誕生し、明治時代から遊戯施設が置かれるようになりました。その後、震災や戦禍により閉園しましたが、1949年に遊園地として再建されています。

再建当時からある「ビックリハウス」は花やしきで最も歴史のあるアトラクションとして、現在も楽しむことができます。1953年には日本現存最古のコースター「ローラーコースター」が誕生し、還暦を過ぎた今も園内を元気に走っています。花やしきに訪れた際は是非乗ってみてください。

また園内の多目的ホール「花やしき座」では季節ごとのショーやイベント、プロレス興業などが行われています。浅草に来たら、遊園地「花やしき」に行ってみましょう!

入場無料で入れるショップ、浅花風(アハナウィンド)には、伝説のソフビメーカー「ブルマァク」のコーナーもあります。「ブルマァク」とは老舗のソフビメーカーで、昨年の夏には限定商品が発売されました。ノスタルジックな気持ちになること間違いなし! 手に取れば、マニア心が騒ぎ出すかもしれませんよ。

★「浅草花やしき」公式サイトはこちら

★「ウルトラマンこけし」の紹介記事はこちら

★3分でわかるスポット解説の記事一覧はこちら

★ウルトラマンこけしがニッポン全国をめぐっています! 毎日更新されるウルトラJ SNSアカウントは下記のバナーからフォロー!

uj_twitter_banner1
uj_facebook_banner1
unnamed

前の記事へ

【3分でわかるニッポンの伝統工芸】富山:井波彫刻

【3分でわかるニッポンの伝統工芸】富山:井波彫刻

次の記事へ

【ウルトラマンこけしがニッポンをめぐる旅】3分でわかるスポット解説:東京都浅草「浅草駅」

【ウルトラマンこけしがニッポンをめぐる旅】3分でわかるスポット解説:東京都浅草「浅草駅」

関連記事RELATED ARTICLE

【3分でわかるニッポンの伝統工芸】茨城・結城紬

【3分でわかるニッポンの伝統工芸】福岡:小石原焼

【1975年の岡山城】重要文化財・月見櫓(やぐら)が一般公開 「岡山城」50年の歴史を振り返る・その10

【写真】伝統工芸×ウルトラマン!「ものづくり匠の技の祭典2016」を総まとめ!

好評を博した名場面「岡崎」が再演! 見所満載の「通し狂言 伊賀越道中双六」が国立劇場にて3/4より公演スタート

復活を遂げた京都の伝統技法「京こま」 脱サラ職人の挑戦とは!

【3分でわかるニッポンの伝統工芸】佐賀:唐津焼

【3分でわかるニッポンの伝統工芸】熊本:山鹿灯籠

那須高原の名勝地・殺生石で行われる火祭や関東三大奇祭も! 栃木県で開催される「ウルトラな祭」5選

キーワードKEY WORD