【ウルトラマンこけしがニッポンをめぐる旅】3分でわかるスポット解説:東京都「東京スカイツリー」

このエントリーをはてなブックマークに追加


空に向かって伸びる大きな木『東京スカイツリー』

東京スカイツリーは東京墨田区にある電波塔で、高さは634mです。この高さは日本人に馴染み深い言葉であり、旧国名の『武蔵国』を連想できるよう「634=むさし」と決定され、2011年にはギネスワールドレコーズにより世界一高いタワーに認定されました。600m級の電波塔は、都心部で超高層ビルにより電波が届きにくくなる問題を低減させるほかに、ワンセグやマルチメディア放送といった携帯機器向けの放送を快適に視聴できるよう建設されました。

最新のテクノロジーを駆使して作られたタワーは、美しさも兼ね備えています。外観は日本の伝統建築に見られる「そり」や「むくり」といった曲線を取り入れたデザイン。夜は青と紫のライティングが「粋」と「雅」を表現し、下町情緒が残る墨田区でたくさんの人を魅了しています。

スカイツリーを中心に『東京スカイツリータウン』という複合施設があり、一日中楽しめるスポットが満載です。

「東京ソラマチ」はグルメからファッションまで様々な店舗が集い、新たな下町のにぎわいを感じることができます。ファミリーには「すみだ水族館」がおすすめです。小笠原の海を再現した大水槽、国内最大級の屋内開放プールで泳ぎまわるペンギンは必見です! 遊んで疲れたらプラネタリウムでゆったり星を見上げて癒やされましょう。大満足の一日になると思いますよ!

★「東京スカイツリー」公式サイトはこちら

★「ウルトラマンこけし」の紹介記事はこちら

★3分でわかるスポット解説の記事一覧はこちら

★ウルトラマンこけしがニッポン全国をめぐっています! 毎日更新されるウルトラJ SNSアカウントは下記のバナーからフォロー!

uj_twitter_banner1
uj_facebook_banner1
unnamed

前の記事へ

【ウルトラマンを沖縄から読み解く】第4回 沖縄人(ウチナンチュ)・金城哲夫の「まれびと」としてのウルトラセブン

【ウルトラマンを沖縄から読み解く】第4回 沖縄人(ウチナンチュ)・金城哲夫の「まれびと」としてのウルトラセブン

次の記事へ

【ウルトラマンを沖縄から読み解く】第5回 ニライカナイのウルトラセブン

【ウルトラマンを沖縄から読み解く】第5回 ニライカナイのウルトラセブン

関連記事RELATED ARTICLE

【3分でわかるニッポンの伝統工芸】長野:内山紙

【2007年のウルトラマンといえば?】『ウルトラギャラクシー大怪獣バトル』放送と、『ウルトラセブン』40周年! 50年の歴史を振り返る・その42

【3分でわかるニッポンの伝統工芸】新潟:燕鎚起銅器

【岡山が世界に誇るニッポンの伝統工芸】備前焼の里・伊部にぼっちで行って窯の中に入ってみた・後編 

「シン・ゴジラ」の特殊造型プロデューサーが直伝! 特殊メイクワークショップが2日間開催

【2010年代のウルトラマンといえば?】2010~2016年までのウルトラマン50年の歴史を振り返る・総集編6

ウルトラJオンラインショップ商品も展示・販売中の 「ウルトラヒーローズ EXPO 2017」 に行ってきた!

【1972年の岡山城】山陽新幹線が開通し、アクセスが良好に 「岡山城」50年の歴史を振り返る・その7

【2009年のウルトラマンといえば?】セブンの息子・ウルトラマンゼロと、ウルトラマンベリアルが登場する『大怪獣バトル ウルトラ銀河伝説 THE MOVIE』公開 50年の歴史を振り返る・その44

キーワードKEY WORD