「ウルトラセブン」がメイドインジャパンの商品とコラボ! 高島屋で発売中の逸品をご紹介。

このエントリーをはてなブックマークに追加

CIMG8040s

4月18日(火)まで高島屋の各店舗にて開催されている「NIPPONものがたり」。メイドインジャパンのさまざまな商品が春の訪れとともに集合し、ラインナップされています。その中には、越前塗の職人が手がけた「ウルトラセブンけん玉」も! ウルトラJでは、日本橋タカシマヤにて展示・販売されていたウルトラグッズを紹介します。

CIMG8037s

日本橋タカシマヤの5階・玩具コーナーにて展示・販売されている「ウルトラセブンけん玉」(15,000円 税別)。玉の部分には、ウルトラセブンの胸部分の意匠が凛々しく再現されています。こちらは福井県越前市で150年以上の歴史を誇る「辻田漆店」が手がけた逸品。「ウルトラセブン」放送開始50年を彩るにふさわしいけん玉で、童心にかえって遊んでみてはいかがでしょうか。

CIMG8028s

同フロアの文具コーナーには、けん玉以外にもさまざまな「ウルトラセブン」コラボ商品が! いずれも老舗メーカーとコラボし、和のテイストを大事にしている逸品ぞろいです。

CIMG7993s

奈良県に本社をかまえる株式会社呉竹が手がけた、「ウルトラセブン 怪獣墨セット」(20,000円 税別)。使うのがもったいない趣きですね。

CIMG8017s

重厚なこちらのアイスラッガーも、呉竹製の「ウルトラセブン アイスラッガー墨」(20,000円 税別)。

CIMG8000s

同じく呉竹製の「エレキング文様 手塗り軸 万年毛筆」(80,000円 税別)。エレキングの模様が高級感あふれるデザインに!

CIMG8004s

京都に本店を構える嵩山堂はし本の「ウルトラセブン「怪獣」ぽち紙セット」(1,800円 税別)。お子さんやお孫さんへのプレゼントに添えるとかわいいですね!

CIMG8007s

こちらは嵩山堂はし本製の「朱印帳」(全2種 各2,100円 税別)。御朱印を集めるのがブームにもなっている昨今、ウルトラセブン好きの方はぜひ手に入れたいアイテムです!

CIMG8009s

嵩山堂はし本製の「ウルトラセブン「怪獣」はんなり ひとふで箋」(全3種 各900円 税別)。PCやスマホではなく、手書きの文字の温かさも見直されています。怪獣たちと一緒に大切なかたへメッセージを伝えてみてはいかがでしょうか?

CIMG8015s

広島・呉にルーツを持つ東京のセーラー万年筆株式会社から登場の「ウルトラセブン」セーラーインク(各2,000円 税別)。カラータイマーブルー、カラータイマーレッド、エメリウムグリーンの3色がラインナップされています。

CIMG8024s

福井県の鯖江で製造された株式会社ウイング製の「ウルトラセブンセルロイド栞」。読書のおともにピッタリの逸品です。

上記で紹介した以外にも四季葉書などの商品が販売されています。高島屋各店舗ごとに扱われている商品が異なりますので、お求めの際には各店舗へのご確認をお願いします。

高島屋公式サイトはこちら

「NIPPONものがたり」特設サイトはこちら

前の記事へ

【ウルトラマンと沖縄のゆかり】沖縄特集をひとまとめ! 一度は訪れたい南風原(はえばる)・北谷(ちゃたん)の魅力とは?

【ウルトラマンと沖縄のゆかり】沖縄特集をひとまとめ! 一度は訪れたい南風原(はえばる)・北谷(ちゃたん)の魅力とは?

次の記事へ

【ウルトラセブンと伝統工芸がコラボ】新潟県長岡市の職人が手作りする「ウルトラセブンスツール」が登場 

【ウルトラセブンと伝統工芸がコラボ】新潟県長岡市の職人が手作りする「ウルトラセブンスツール」が登場 

関連記事RELATED ARTICLE

【1966年の岡山城】市民のシンボルの新たな歴史がスタート 「岡山城」50年の歴史を振り返る・その1

【花火大会】ウルトラマンが夜空に打ち上がる!? 円谷英二監督の故郷・福島県須賀川市に行ってきました!vol.1

ウルトラマンのキャラクターを表現!「京くみひも」で作る「グラスコード」

日本の伝統的な将棋を題材にした新作映画「聖の青春」 主演の松山ケンイチさんらが登壇した舞台挨拶の模様をお届け

【3分でわかるニッポンの伝統工芸】大阪府の伝統的工芸品をひとまとめ!

【イベントレポート】過去最高の来場者を記録したアニメの祭典「AnimeJapan 2017」に行ってみた!

【2016年ウルトラJ振り返り企画vol.4】円谷英二監督の故郷・須賀川市の花火大会と松明あかしを現地レポート!

【特撮ファン永久保存版】中野昭慶特技監督が語る「キングコング対ゴジラ」 円谷英二特技監督の特撮へのこだわりとは?

【1997年のウルトラマンといえば?】つるの剛士さんが主人公を演じた『ウルトラマンダイナ』が放送 50年の歴史を振り返る・その32

キーワードKEY WORD