美しさと堅牢さを兼ね備えた「越前漆」の「ウルトラマンけん玉」が高島屋にて限定販売

このエントリーをはてなブックマークに追加
ultraman kendama

いまから約1500年前、飛鳥時代のころに生まれた「越前漆器」

継体天皇が味真野(あじまの)の地を訪れた際、壊れた冠の修理を依頼したところ、漆で直したうえに黒塗りの椀を献上しました。その出来映えに感心した天皇が、漆器作りを奨励したことが、今日の「越前漆器」の興りになったと言われています。

そんな越前漆器と「ウルトラマン」がコラボした新商品が、今回ご紹介する「ウルトラマンけん玉」です。

「漆」は優雅さとともに堅牢なことでも知られており、木と木がぶつかり合う激しいけん玉には、ぴったりの材質・技法と言えます。また、漆塗りのけん玉は、日本古来の遊び道具と伝統工芸が結びついたものとして海外からも高い人気を誇り、けん玉の世界大会などでも注目となっているそう。

今回、この「ウルトラマンけん玉」を手がけるのは、江戸時代より操業する老舗の辻田商店です。同社は、その「うるしのけん玉」が日本けん玉協会の推奨品にもなっているほどの、けん玉作りのプロフェッショナル。そして「ウルトラマンけん玉」は玉の部分に「ウルトラマン」のデザインを漆であしらっており、玉の中央部にはカラータイマーの飾りも!

「ウルトラマン」をモチーフにしつつ、クールなデザインに仕上げているので、大人が持っていても格好良く見えるアイテムとなっています。

放送開始より50年を迎え、3世代に渡って親しまれている「ウルトラマン」。その「ウルトラマン」をモチーフとした日本古来のけん玉で、3世代いっしょに楽しんではいかがでしょうか?

 

「ウルトラマンけん玉」は、高島屋の限定販売。日本橋店、新宿店、玉川店、横浜店、大阪店、京都店の玩具売り場でお求めいただけます。

ウルトラマンけん玉
価格:16,200円
【製造元】辻田漆店

前の記事へ

那須高原の名勝地・殺生石で行われる火祭や関東三大奇祭も! 栃木県で開催される「ウルトラな祭」5選

那須高原の名勝地・殺生石で行われる火祭や関東三大奇祭も! 栃木県で開催される「ウルトラな祭」5選

次の記事へ

故・中村勘三郎さんの想いがこもった「大江戸りびんぐでっど」の魅力とは?

故・中村勘三郎さんの想いがこもった「大江戸りびんぐでっど」の魅力とは?

関連記事RELATED ARTICLE

「ウルトラJ」オンラインショップ始まりました!

【インタビュー動画】自作グッズでイベントに登場!往年の「ウルトラマン」ファンに聞きました

【写真】伝統工芸×ウルトラマン!「ものづくり匠の技の祭典2016」を総まとめ!

【花火大会】ウルトラマンが夜空に打ち上がる!? 円谷英二監督の故郷・福島県須賀川市に行ってきました!vol.1

君にも見える「南夕子」! 「ウルトラリング」をはめて月に吼えよう! 

黄金の輝きを放つウルトラマンが日本橋三越本店に降臨!「ウルトラマン ゴールドプレート」9月14日(水)~20日(火)限定販売!

【3分でわかるニッポンの伝統工芸】福岡:博多人形

【1990年の岡山城】西の丸西手櫓が52年ぶりに一般公開 「岡山城」50年の歴史を振り返る・その25

日本一の滝が2つもあるミステリー!? 富山県の「イチバン」なスポット3選

キーワードKEY WORD