ウルトラJ

2016.11.04

特集
【1968年の岡山城】「春の岡山まつり」が始まる 「岡山城」50年の歴史を振り返る・その3

uj_okayama_keyvisual

11月3日(木・祝)より岡山城にて開催中の「岡山城×ウルトラマン50年史記念展」

「ウルトラJ」では会期に合わせて、記念展の会場に展示されているパネルより「岡山城」再建50年の歴史を振り返る特別企画を、毎日お届けいたします!

free_okayamajou
■1968年の岡山城

山陽新聞社主催「春の岡山まつり」が開催。当時より烏城公園は市民のふれあいの場として活用されてきました。

■岡山城コラム その3(城郭ライター・萩原さちこ)

岡山城は別名「烏城」と呼ばれます。それは、天守閣の黒漆を塗られた下見板が、まるで烏の羽色のように見えたため。天守の屋根には金箔瓦が飾られていたことから「金烏城」とも呼ばれます。黒漆と金箔瓦は、豊臣秀吉の親近者の城だけに用いられる限定されたものでした。豊臣政権下で五大老の重席のひとりでもあった宇喜多秀家。岡山城は、秀吉の影響の下に築かれた城だったのです。

再建された岡山城、そして放送開始50年を迎えたウルトラマン! ぜひその歴史に触れてみてください。

★「岡山城×ウルトラマン50年史記念展」の詳細はこちら

★ウルトラマン50年史の振り返り記事一覧はこちら

★岡山城50年史の振り返り記事一覧はこちら

※写真は現在の岡山城です。