ウルトラJ

2016.11.05

特集
【1969年の岡山城】岡山城の歌碑が建立 「岡山城」50年の歴史を振り返る・その4

uj_okayama_keyvisual

11月3日(木・祝)より岡山城にて開催中の「岡山城×ウルトラマン50年史記念展」

「ウルトラJ」では会期に合わせて、記念展の会場に展示されているパネルより「岡山城」再建50年の歴史を振り返る特別企画を、毎日お届けいたします!

free_okayamajou
■1969年の岡山城

この年、天守閣再建3周年と岡山市制80周年を記念した歌碑が建立され、その除幕式が行われました。

■岡山城コラム その4(城郭ライター・萩原さちこ)

のちに岡山城を築く宇喜多秀家が、父・直家の死により家督を継いだのは、1582(天正10)年のこと。秀家はわずか10歳でしたが、豊臣秀吉から気に入られたと伝えられています。元服の際には「秀」の一字を与えられ秀家と名乗り、後に身内の扱いとなりました。1589(天正17)年には、前田利家の娘で秀吉の養女・豪姫を正室に迎えました。秀吉のもとで戦績を挙げ、異例の大出世を遂げて57万4000石の大大名へ。26歳にして五大老に就任するなど順風満帆でした。

再建された岡山城、そして放送開始50年を迎えたウルトラマン! ぜひその歴史に触れてみてください。

★「岡山城×ウルトラマン50年史記念展」の詳細はこちら

★ウルトラマン50年史の振り返り記事一覧はこちら

★岡山城50年史の振り返り記事一覧はこちら

※写真は現代の岡山城です。