ウルトラJ

2016.11.07

特集
【1973年の岡山城】宇喜多直家の開府から400年 「岡山城」50年の歴史を振り返る・その8

uj_okayama_keyvisual

11月3日(木・祝)より岡山城にて開催中の「岡山城×ウルトラマン50年史記念展」

「ウルトラJ」では会期に合わせて、記念展の会場に展示されているパネルより「岡山城」再建50年の歴史を振り返る特別企画を、毎日お届けいたします!


■1973年の岡山城

宇喜多直家が石山の城を拡張し、居を構えたとされる1573年より400年。烏城公園でも記念大会が開催。

■岡山城コラム その8(城郭ライター・萩原さちこ)

宇喜多秀家の父・直家は備前国の西半を領国に治めると、1570(元亀元)年に当時石山の付近にあった岡山神社・今村宮・岡山寺・蓮昌寺などの社寺を移転して石山の城を大幅に拡張、1573(天正元)年に居城とし、移って来ました。石山の城の全容はわかっていませんが、岡山城の二の丸内郭の元池田家祖廟を本丸に、西の丸を二の丸とし、石山門付近を大手としていたと推察されます。岡山城と比較するとかなり小規模ですが、城下町も形成されていたとみられています。

再建された岡山城、そして放送開始50年を迎えたウルトラマン! ぜひその歴史に触れてみてください。

★「岡山城×ウルトラマン50年史記念展」の詳細はこちら

★ウルトラマン50年史の振り返り記事一覧はこちら

★岡山城50年史の振り返り記事一覧はこちら

※写真は現在の岡山城です。