ウルトラJ

2016.11.09

特集
【1976年の岡山城】再建10周年を記念して烏城公園でイベントが開催 「岡山城」50年の歴史を振り返る・その11

uj_okayama_keyvisual

11月3日(木・祝)より岡山城にて開催中の「岡山城×ウルトラマン50年史記念展」

「ウルトラJ」では会期に合わせて、記念展の会場に展示されているパネルより「岡山城」再建50年の歴史を振り返る特別企画を、毎日お届けいたします!


■1976年の岡山城

天守閣再建10周年を記念して、烏城公園にて豆剣士御前試合大会が行われました。

■岡山城コラム その11(城郭ライター・萩原さちこ)

宇喜多秀家は、築城と同時に城下町の整備も行いました。岡山城は本丸と二の丸が二重の内堀で囲まれ、その西側の中堀によって城下町を内外に分ける構造です。秀家は二の丸の西・南側に三の曲輪を設けて町屋とし、山陽道(西国街道)を城下町の中を通るように変更。ここに備前国内の商人や職人を呼び寄せて、経済活動の中心地としました。このとき山陽道沿いに形成された商人町が、現在の表町商店街のはじまりと言われています。

再建された岡山城、そして放送開始50年を迎えたウルトラマン! ぜひその歴史に触れてみてください。

★「岡山城×ウルトラマン50年史記念展」の詳細はこちら

★ウルトラマン50年史の振り返り記事一覧はこちら

★岡山城50年史の振り返り記事一覧はこちら

※写真はイメージです。