ウルトラJ

2016.11.14

特集
【1977年のウルトラマンといえば?】ウルトラマンシリーズの系譜は衰えず! 「ウルトラマン」50年の歴史を振り返る・その12

uj_okayama_keyvisual

11月3日(木・祝)より岡山城にて開催中の「岡山城×ウルトラマン50年史記念展」

「ウルトラJ」では会期に合わせて、記念展の会場に展示されているパネルより「ウルトラマン」50年の歴史を振り返る特別企画を、毎日お届けいたします!

rd600_1977★『ウルトラマンA』よりウルトラの父
■1977年〜ウルトラブームインターバル

この年は、ウルトラマン的には特に目立った動きはないですが、円谷プロは恐竜三部作の第二弾『恐竜大戦争アイゼンボーグ』を製作。『アイゼンボーグ』では、シリーズ中盤から、ウルトラマンA(エース)を思い出させる男女合体ヒーロー・アイゼンボーが登場することになり、そこで繰り広げられる巨大ヒーローと怪獣型恐竜との戦いは、まさにウルトラマンシリーズの系譜としての面目躍如のクオリティに仕上がりました。この時期は、スポ根アニメやヒーロー、ロボット物など、様々なジャンルの名作のリメイクや続編が始まりつつあり、それもウルトラマン三度目のブームにリンクしていくことになります。

放送開始50年を迎えたウルトラマンと、再建50年を迎えた岡山城。ぜひその歴史に触れてみてください!

★「岡山城×ウルトラマン50年史記念展」の詳細はこちら

★ウルトラマン50年史の振り返り記事一覧はこちら

★岡山城50年史の振り返り記事一覧はこちら

※写真は「ウルトラマンA」より、のちのシリーズでも登場するウルトラの父。