ウルトラJ

2016.11.12

特集
【1980年の岡山城】累計来場者数400万人突破 「岡山城」50年の歴史を振り返る・その15

uj_okayama_keyvisual

11月3日(木・祝)より岡山城にて開催中の「岡山城×ウルトラマン50年史記念展」

「ウルトラJ」では会期に合わせて、記念展の会場に展示されているパネルより「岡山城」再建50年の歴史を振り返る特別企画を、毎日お届けいたします!

free_okayamajou
■1980年の岡山城

再建から15年目にして累計来場者数が400万人を突破。この年、月見櫓の修理も開始となりました。

■岡山城コラム その15(城郭ライター・萩原さちこ)

豊臣秀吉が没すると、豊臣政権は崩壊の一途を辿ります。宇喜多秀家を取り巻く風向きも変わりました。政権奪取を狙う徳川家康が力を誇示しだすと、1600(慶長5)年、ついに関ヶ原合戦が勃発。秀家は西軍の主力として、西軍では最大の1万7000の兵を率いて東軍の福島正則と激戦を繰り広げました。ところが、西軍は敗北し、秀家も敗者に。勝敗の鍵を握った小早川秀秋が、奇しくも城主として岡山城に足を踏み入れることになります。

再建された岡山城、そして放送開始50年を迎えたウルトラマン! ぜひその歴史に触れてみてください。

★「岡山城×ウルトラマン50年史記念展」の詳細はこちら

★ウルトラマン50年史の振り返り記事一覧はこちら

★岡山城50年史の振り返り記事一覧はこちら

※写真は現在の岡山城です。