ウルトラJ

2016.11.14

特集
【1984年の岡山城】天守閣のスス払いが行われ、薪能も開催 「岡山城」50年の歴史を振り返る・その19

uj_okayama_keyvisual

11月3日(木・祝)より岡山城にて開催中の「岡山城×ウルトラマン50年史記念展」

「ウルトラJ」では会期に合わせて、記念展の会場に展示されているパネルより「岡山城」再建50年の歴史を振り返る特別企画を、毎日お届けいたします!

free_okayamajou
■1984年の岡山城

再建より18年が経ったこの年、天守閣のスス払いが行われました。また、烏城公園ではかがり火のもとで薪能も上演されました。

■岡山城コラム その19(城郭ライター・萩原さちこ)

現存する西の丸西手櫓を築いたとされるのが、池田忠継の兄・利隆です。幼少だった3代城主忠継に代わり国政を執った実質的な城主といわれますが、『池田家履歴略記』によれば、実際には姫路城主の父・輝政から指示を受けていたようです。1605(慶長10)には榊原康政の娘で徳川秀忠の養女を正室に迎え、1607(慶長12)年には松平の姓を与えられました。1609(慶長14)年に岡山城で誕生した嫡子・光政が、後の岡山城主となります。

再建された岡山城、そして放送開始50年を迎えたウルトラマン! ぜひその歴史に触れてみてください。

★「岡山城×ウルトラマン50年史記念展」の詳細はこちら

★ウルトラマン50年史の振り返り記事一覧はこちら

★岡山城50年史の振り返り記事一覧はこちら

※写真は現在の岡山城です。