ウルトラJ

2016.11.16

特集
【1988年の岡山城】瀬戸大橋と岡山空港が開業 「岡山城」50年の歴史を振り返る・その23

uj_okayama_keyvisual

11月3日(木・祝)より岡山城にて開催中の「岡山城×ウルトラマン50年史記念展」

「ウルトラJ」では会期に合わせて、記念展の会場に展示されているパネルより「岡山城」再建50年の歴史を振り返る特別企画を、毎日お届けいたします!

03_1988_瀬戸大橋_0c0b4f9d347dfd6160faa00d0058cd55_l
■1988年の岡山城

この年に瀬戸大橋と岡山空港が相次いで開業。岡山城にも多くの県外の方が来場されるようになりました。

■岡山城コラム その23(城郭ライター・萩原さちこ)

4代城主池田忠雄は、岡山城を拡張整備し、現在の姿を完成させた人物です。本丸中の段を北側に大拡張して廊下門や月見櫓などを建築しました。本段の御殿に加え、表書院も新たに設けています。忠雄により総仕上げが行われた岡山城はこの後大幅な増改築は行われず、幕末まで維持されました。

再建された岡山城、そして放送開始50年を迎えたウルトラマン! ぜひその歴史に触れてみてください。

★「岡山城×ウルトラマン50年史記念展」の詳細はこちら

★ウルトラマン50年史の振り返り記事一覧はこちら

★岡山城50年史の振り返り記事一覧はこちら