ウルトラJ

2016.11.23

特集
【1986年のウルトラマンといえば?】『ウルトラマンキッズのことわざ物語』が放送 50年の歴史を振り返る・その21

uj_okayama_keyvisual

11月3日(木・祝)より岡山城にて開催中の「岡山城×ウルトラマン50年史記念展」

「ウルトラJ」では会期に合わせて、記念展の会場に展示されているパネルより「ウルトラマン」50年の歴史を振り返る特別企画を、毎日お届けいたします!

rd600_1986『ウルトラマンキッズのことわざ物語』より
■1986年〜『ウルトラマンキッズのことわざ物語』放送開始

TBSで放映された『ウルトラマンキッズ』シリーズの最新作は、毎回、ことわざをテーマに物語が展開される、10分間のミニ教育帯番組でした。また、日本テレビの土曜早朝情報バラエティ番組『うるとら7:00』では、タイトルの元ネタにもなったウルトラセブンが、無言のボディランゲージだけでリアクションをする看板キャラとして番組初期に毎回登場。この時期既に、ウルトラヒーローがバラエティ番組に出ること自体は珍しくなくなっていましたが、初期だけとはいえ、完全にレギュラー枠で出演したのはこれが初めてでした。日本テレビでは後に『ウルトラセブン 太陽エネルギー作戦』が製作・放送されました。

放送開始50年を迎えたウルトラマンと、再建50年を迎えた岡山城。ぜひその歴史に触れてみてください!

★「岡山城×ウルトラマン50年史記念展」の詳細はこちら

★ウルトラマン50年史の振り返り記事一覧はこちら

★岡山城50年史の振り返り記事一覧はこちら