ウルトラJ

2016.11.27

特集
【1990年のウルトラマンといえば?】オーストラリアとの合作『ウルトラマンG(グレート)』が制作 50年の歴史を振り返る・その25

uj_okayama_keyvisual

11月3日(木・祝)より岡山城にて開催中の「岡山城×ウルトラマン50年史記念展」

「ウルトラJ」では会期に合わせて、記念展の会場に展示されているパネルより「ウルトラマン」50年の歴史を振り返る特別企画を、毎日お届けいたします!

rd600_1990
■1990年〜『ウルトラマンG(グレート)』登場

この年、オーストラリアとの合作で新作実写ウルトラマン『ウルトラマンG(グレート)』が制作され、ビデオソフト全13話が発売されました。海外の俳優とドラマ展開の中で登場するウルトラマンの姿は新鮮で、ウルトラマンスーツも従来とは違う素材になるなど、新たな形で展開されました。新たなウルトラマンの登場にファンも沸き、玩具のセールスも好調で、本来は海外でのみ販売されていたソフビ人形も逆輸入される形で国内発売され、話題になりました。この年の暮れに全13話のシリーズを2つの作品に再構成した形で劇場公開も行われました。また一般ドラマ枠では、漫画原作の『超人刑事シュワッチ』も放送されました。

放送開始50年を迎えたウルトラマンと、再建50年を迎えた岡山城。ぜひその歴史に触れてみてください!

★「岡山城×ウルトラマン50年史記念展」の詳細はこちら

★ウルトラマン50年史の振り返り記事一覧はこちら

★岡山城50年史の振り返り記事一覧はこちら