ウルトラJ

2016.11.20

特集
【1996年の岡山城】天守閣再建30周年を迎え、岡山市が国の中核市に 「岡山城」50年の歴史を振り返る・その31

uj_okayama_keyvisual

11月3日(木・祝)より岡山城にて開催中の「岡山城×ウルトラマン50年史記念展」

「ウルトラJ」では会期に合わせて、記念展の会場に展示されているパネルより「岡山城」再建50年の歴史を振り返る特別企画を、毎日お届けいたします!


■1996年の岡山城

再建30周年のこの年、岡山市は国の中核市に指定。また翌年の築城400年に備え、駅にはカウントダウン時計が設置されました。

■岡山城コラム その31(城郭ライター・萩原さちこ)

1666(寛文6)年にはじめて閑谷の地(備前市)を視察した池田光政が津田永忠に命じて創立したのが、現存最古の庶民のための公立学校である閑谷学校です。1670(寛文10)年に創建され、幕末には大鳥圭介もここで学んでいます。講堂が国宝に指定され、小斎・飲室・文庫・聖廟・閑谷神社・石塀など2 4 棟が国の重要文化財に指定。2015(平成27)年4月には「近世日本の教育遺産群」として、日本遺産にも認定されました。

再建された岡山城、そして放送開始50年を迎えたウルトラマン! ぜひその歴史に触れてみてください。

★「岡山城×ウルトラマン50年史記念展」の詳細はこちら

★ウルトラマン50年史の振り返り記事一覧はこちら

★岡山城50年史の振り返り記事一覧はこちら

※写真は現在の岡山城です。