ウルトラJ

2016.11.22

特集
【2000年の岡山城】後楽園が築庭300周年を迎える 「岡山城」50年の歴史を振り返る・その35

uj_okayama_keyvisual

11月3日(木・祝)より岡山城にて開催中の「岡山城×ウルトラマン50年史記念展」

「ウルトラJ」では会期に合わせて、記念展の会場に展示されているパネルより「岡山城」再建50年の歴史を振り返る特別企画を、毎日お届けいたします!

03_2000_後楽園_pixta_12788187_L
■2000年の岡山城

日本三名園の一つに数えられる後楽園がこの年、築庭300周年を迎えました。

■岡山城コラム その35(城郭ライター・萩原さちこ)

岡山城の後方に広がる岡山後楽園は、池田綱政がつくり、子の継政が改築した大名庭園です。日本三名園のひとつで、国の特別名勝に指定されています。綱政が津田永忠に命じてつくらせ、14年の歳月をかけて1700(元禄3)年に完成。旭川を挟んだ岡山城の対岸にその地は広がります。藩主が訪れた時の居間として使われた延養亭からの眺めが最も美しいようにつくられた、池泉回遊式庭園です。2015(平成27)年にはフランスのガイドブック「ミシュラン・グリーンガイド・ジャポン」で3つ星評価を獲得しました。

再建された岡山城、そして放送開始50年を迎えたウルトラマン! ぜひその歴史に触れてみてください。

★「岡山城×ウルトラマン50年史記念展」の詳細はこちら

★ウルトラマン50年史の振り返り記事一覧はこちら

★岡山城50年史の振り返り記事一覧はこちら