【2001年のウルトラマンといえば?】『ウルトラマン』放送開始35周年に『ウルトラマン コスモス』が登場 50年の歴史を振り返る・その36

このエントリーをはてなブックマークに追加

11月3日(木・祝)より岡山城にて開催された「岡山城×ウルトラマン50年史記念展」

「ウルトラJ」では記念展の会場に展示されていたパネルより、「ウルトラマン」50年の歴史を振り返る特別企画をお届けします!

rd600_2001『ウルトラマンコスモス THE FIRST CONTACT』よりコスモスVSベーシカルバルタン
■2001年〜『ウルトラマン コスモス』映画公開・放映開始

『ウルトラマン』放送開始35年のプロジェクトとして、映画館では『ウルトラマン コスモス THE FIRST CONTACT』公開が、テレビでは『ウルトラマン コスモス』放送が、それぞれ発表されました。本作では、映画版を、飯島敏宏監督をはじめとする昭和ウルトラのスタッフを中心に、テレビ版を、平成ウルトラマンシリーズを手掛けてきたスタッフを中心に、主人公の少年期と青年期を描き分けるという趣向が凝らしてあります。特に映画版は、コスモスと主人公少年・ムサシとの出会いを描きながら、バルタン星人が登場するという内容で、ジュブナイルに徹しながらも奥深いテーマ性が高く評価されました。

uj_okayama_keyvisual

放送開始50年を迎えたウルトラマンと、再建50年を迎えた岡山城。下記リンクからその歴史に触れてみてくださいね!

★「岡山城×ウルトラマン50年史記念展」の詳細はこちら

★ウルトラマン50年史の振り返り記事一覧はこちら

★岡山城50年史の振り返り記事一覧はこちら

プロフィールPROFILE

星林月船

「ウルトラマン」本放映を見て育つ。
映画・書籍・サブカル・漫画・アニメ・時事・批評などとともに、演劇や映画の脚本を手掛ける。
高度経済成長からバブル期までのサブカルチャーをこよなく愛するフリーライター。
一番心に染み入るウルトラ作品は「ウルトラQ」の「鳥を見た」

前の記事へ

【3分でわかるニッポンの伝統工芸】大阪:大阪浪華錫器

【3分でわかるニッポンの伝統工芸】大阪:大阪浪華錫器

次の記事へ

地べたを這うようにくぐる、日本一小さな鳥居とは? 長崎の「イチバン」なスポット3選

地べたを這うようにくぐる、日本一小さな鳥居とは? 長崎の「イチバン」なスポット3選

関連記事RELATED ARTICLE

11/3〜30「岡山城×ウルトラマン50年史記念展」開催!【ウルトラJ meets オカヤマ】

ウルトラセブンも登場! 浅草・隅田川テラスで開催中の「RIVERSIDE&TOKYO」レポート

ウルトラマンと一緒にニッポンを旅しよう! ナビゲーションアプリ「NAVITIME」の着せ替えに「ウルトラマン」シリーズが登場

杉並区役所のウルトラマンパネル展がスゴイ! 全39話の解説パネルと精巧なジオラマを見よう

ウルトラマンと怪獣がポップなこけしに!? 「卯三郎こけし」のコラボアイテムが発売! 

ウルトラマンが有田焼とコラボ! 小皿にも酒器にもなるカラータイマーがスゴい!

【1966→2016→】杉並公会堂にウルトラマンが登場! 記念プレート完成式典レポート

「ウルトラマン」のお酒はないの? ジャミラ、バルタン、ゼットン、レッドキングの「焼酎」を発見!

【ウルトラマンの迫力のジオラマが登場!】明日開催の「ものづくり 匠の技の祭典2016」、ジオラマセットをチラ見せ!

キーワードKEY WORD