ウルトラJ

2016.11.26

特集
【2008年の岡山城】「岡山城フォトコンテスト」が開催 「岡山城」50年の歴史を振り返る・その43

uj_okayama_keyvisual

11月3日(木・祝)より岡山城にて開催中の「岡山城×ウルトラマン50年史記念展」

「ウルトラJ」では会期に合わせて、記念展の会場に展示されているパネルより「岡山城」再建50年の歴史を振り返る特別企画を、毎日お届けいたします!


■2008年の岡山城

「岡山城フォトコンテンスト」が初開催され、金賞には「桃太郎まつり」の花火大会を写した写真が選ばれました。

■岡山城コラム その43(城郭ライター・萩原さちこ)

月見櫓は本丸中の段北西角にある隅櫓で、池田忠雄により1615(元和元)年から1632(寛永9)年に築かれたと考えられます。一部地下付きの塗籠造、本瓦葺二階建てで、城外側からは二層、城内側からは三層にみえる珍しい構造です。初層は東西五間、南北四間、二重は方三間。西面には下重に入母屋破風がありますが、全体は層塔型になっています。内側の東西・南面面には手摺り付きの縁がめぐり、軍事施設でありながら日常生活にも使えるつくりでした。

再建された岡山城、そして放送開始50年を迎えたウルトラマン! ぜひその歴史に触れてみてください。

★「岡山城×ウルトラマン50年史記念展」の詳細はこちら

★ウルトラマン50年史の振り返り記事一覧はこちら

★岡山城50年史の振り返り記事一覧はこちら

 ※写真は2008年の「岡山城フォトコンテンスト」金賞受賞作品のもの。