ウルトラJ

2016.12.20

特集
【2013年のウルトラマンといえば?】防衛隊が登場しないジュブナイル作品『ウルトラマンギンガ』が放送 50年の歴史を振り返る・その48

11月3日(木・祝)より岡山城にて開催された「岡山城×ウルトラマン50年史記念展」

「ウルトラJ」では記念展の会場に展示されていたパネルより、「ウルトラマン」50年の歴史を振り返る特別企画をお届けします!

rd600_2013_ginga_T04_0170
■2013年〜『ウルトラマンギンガ』放送開始

本作『ウルトラマンギンガ』は、これまでのウルトラマンとは違って防衛隊も登場せず、少年少女達の夏休みの冒険を描くところから始まったジュブナイル作品です。作中では、主人公の礼堂ヒカルがギンガスパークでスパークドールズのライブサインを読み込むことで、様々な怪獣やウルトラマンを召喚していき、最終的にはウルトラマンギンガに変身するという設定となっています。そのほか、『新ウルトラマン列伝』内では、同名タイトルのゲームと連動したフルCG作品『大怪獣ラッシュ ウルトラフロンティア』も放送されました。両テレビ作品とも、劇場でも公開されました。

uj_okayama_keyvisual

放送開始50年を迎えたウルトラマンと、再建50年を迎えた岡山城。下記リンクからその歴史に触れてみてくださいね!

★「岡山城×ウルトラマン50年史記念展」の詳細はこちら

★ウルトラマン50年史の振り返り記事一覧はこちら

★岡山城50年史の振り返り記事一覧はこちら