田山花袋も愛した温泉街のウルトラな宿! 福井県「越前あわら温泉 つるや」

このエントリーをはてなブックマークに追加

温泉が楽しめるのは寒い季節だけではありません。暑い日が続き、夏バテが気になるこの季節。日頃の疲れを癒しに、都会から離れた「和の旅館」に訪れてみてはいかがでしょうか?

ここでは、「日本の伝統を感じる客室」、「全てがかけ流しの天然温泉」、「こだわりの季節料理」、という温泉旅館の魅力が最大限に堪能できる、福井県のおもてなしの宿をご案内します。

 

ultrapoint03
up01名匠による「わびさび」を感じる客室
up02天然温泉掛け流しの3つのお風呂
up03こだわりの器で彩る創作懐石料理

 


up01一度は泊まってみたい、名匠が手がける「わびさび」を表現した客室

rd850_-052_01
出典:http://www.premium-j.jp/travel/27253/

あわら(芦原)温泉は福井県の北端に位置しており、古くから田山花袋ら名だたる文人たちに愛されてきた県内屈指の温泉街。その中でもひときわ高い評判を得ている旅館が、「越前あわら温泉 つるや」です。

本館の客室は、数寄屋建築の名匠である故・平田雅哉氏によってつくられました。随所に銘木を取り入れた料亭風・茶室風の和室は、一室一室すべて趣が異なっています。日本の伝統的な旅館のつくりでありながらも、どの客室も非常に洗練され、そこで過ごすことで昔ながらの「わびさび」を感じられるはず。和の神髄を堪能して、優雅な時間を過ごしてみてはいかがでしょうか。また、全館の廊下には畳が敷き詰められており、自分の家のようにくつろいでほしいという、おもてなしの心が表れています。

 

up023本の源泉と露天風呂で雄大な自然を堪能!

rd850_-052_04
出典:http://www.premium-j.jp/travel/27253/

温泉宿の最大の楽しみであるお風呂は、広々とした内湯と日本庭園のようなつくりの庭園風呂に寝湯を備えた「福の湯」と、内湯と露天風呂のある「芦の湯」、そして貸し切り風呂の「つるの巣」の3つ。特に和の情緒あふれる露天風呂は格別! 敷地内に3本の源泉を持っていて、湯量が非常に豊富であることも「越前あわら温泉 つるや」の特徴です。すべてのお風呂が天然温泉掛け流しという贅沢さがたまりませんね。

 

up03越前・若狭の旬の食材を見た目でも楽しもう!

rd850_-052_05
出典:http://www.premium-j.jp/travel/27253/

特別感のある創作懐石料理は、日本海側でも特に食材の宝庫とされる越前・若狭地域の新鮮かつ厳選された食材を使用。海老や魚介の数々に、四季それぞれで異なる「最もおいしいもの」を使った月替わり創作懐石膳はまさに絶品。越前焼の器や河和田塗の漆器に盛られて提供されるので、味だけでなく、その美しい見た目にも心奪われてしまいます。

また、創作懐石膳以外にも、若狭牛を使った「若狭牛ヒレステーキ付き懐石」や、4月〜9月にかけて珠玉の逸品と評されている「あわび懐石膳」、そして冬季には越前ガニを用いた「越前地ガニ懐石膳」も用意されています。どれも魅力的なコースでグルメ旅の方でも大満足の内容です!

派手さはありませんが、訪れる誰もが安らぎ、くつろげる宿「越前あわら温泉 つるや」。日々の疲れをゆっくりと癒やしたい人に、ぜひおすすめです。

 

前の記事へ

お子様お断り!? 12歳以上限定となる大人の社交場「登大路ホテル奈良」

お子様お断り!? 12歳以上限定となる大人の社交場「登大路ホテル奈良」

次の記事へ

芸術品?それともお菓子? 美しき伝統の飴細工

芸術品?それともお菓子? 美しき伝統の飴細工

関連記事RELATED ARTICLE

お子様お断り!? 12歳以上限定となる大人の社交場「登大路ホテル奈良」

古代ロマンを秘めた地で極上の休日を! 絶景と美食が楽しめる宿「海里村上」

通常の半分の重さ! 新潟・燕三条の技術が活きた軽量鋳物フライパン「コミン」

日常を華麗に演出!「京友禅」の手ぬぐいとブックカバー

【ウルトラマンこけしがニッポンをめぐる旅】3分でわかるスポット解説:東京都浅草「浅草公会堂」

【3分でわかるニッポンの伝統工芸】東京:東京アンチモニー工芸品

3つのおいしいポイントがぎゅっと凝縮! 島生まれの「瀬戸内プレミアムジャム」

【3分でわかるニッポンの伝統工芸】鹿児島:川辺仏壇

ウルトラマンと昆布がコラボレーション!? 見て楽しい「彩り昆布」と味わって美味しい「おちょ昆布」をご紹介

キーワードKEY WORD