【お寺でヨガや映画を!】新たな「ご縁」を紡ぎ出す 「寺子屋ブッダ」プロジェクトが始動中!

このエントリーをはてなブックマークに追加

みなさんにとって「お寺」ってどんなところでしょうか? 「お葬式」や「法事」など、やっぱり堅苦しいイメージですよね。ですが、昔の日本人にとって、お寺は今では考えられないくらい私たちの生活にとって重要なものだったって知っていますか? ここでは、そんなどこか遠い存在が身近に感じられることうけあいの、お寺を中心とした活動とイベントをご紹介します!

ultrapoint03
up01お寺は地域の「ホットステーション」
up02大注目! 心ゆくまで「ゆったり寺ヨガ」
up03新提案!! お寺で映画鑑賞「寺シネマ」


up01みんなが集まり、笑顔になれる場所、それが「お寺」

re_1-2
出典:http://www.premium-j.jp/travel/15154/

その昔お寺では、読み書きそろばんや、娯楽、願かけ、先祖供養だけではなく、夫婦喧嘩の仲裁をご住職にもちかけるなんてこともあったとか。お寺は、地域の「縁」の中心地だったとも言えるのです! けれど、残念なことに近年ではそうした地域密着の印象は薄れて、年に一度の落語会が唯一の地域娯楽イベント……なんていうお寺も多いようです。そんななか、「お寺はもっと開かれた場所になるべき」と考える30代から40代の若手僧侶のみなさんが、新たな活動をスタートしました。そんな新たな動きをサポートし、情報発信をしているのが、今回ご紹介する「寺子屋ブッダ」なのです!

up02ココロもカラダもリフレッシュ!! 大人気企画「ゆったり寺ヨガ」

2-2
出典:http://www.premium-j.jp/travel/15154/

お寺を、もっと身近に、もっと楽しく、もっとあたたかな場所にしたい……このような想いにあふれた様々な人たちが「寺子屋ブッダ」プロジェクトに参加しています。ヨガ講師や映像作家、スチールカメラマンやライターに教育者。もちろん僧侶の方々も宗派の垣根を超え、地域密着型のイベントを企画し、地域活性化に成果をあげています。中でも最近人気だというのが「ゆったり寺ヨガ」。静かなお寺で穏やかな時を過ごしながら、自分と向き合うことができるということで、ココロもカラダもリフレッシュしたい人に大好評だそうです。

up03お寺が名画座に!? 若者向け映画鑑賞イベント「寺シネマ」

3
出典:http://www.premium-j.jp/travel/15154/

「寺子屋ブッダ」の目新しいイベントを、もう一つご紹介します。それは、「寺シネマ」と呼ばれる映画上映会です。愛に基づいた世界へのシフトを訴える作品「オキュパイラブ」、ジェレミー・ギリの真実のドキュメンタリー作品「ザ・デイ・アフター・ピース」などが上映されました。最近の上映作品は、ドキュメンタリー映画「happy」。この映画は、忙しい中でつい忘れがちな「本当の幸せとは何か」を考えさせられる作品です。映画を見ながら、お寺に流れる、ゆったりとした時間の中で、「本当の幸せ」について考えてみるのもいいかもしれませんね。「寺シネマ」は今後も随時開催されるそうです。

観光地の寺めぐりや、法事で赴くだけでなく、たまにはふらっと気軽に訪れてみてはどうでしょうか?

 

写真:©寺子屋ブッダ

前の記事へ

赤ちゃんの肌も洗える! やわらかさがウリの「棕櫚(しゅろ)のたわし」

赤ちゃんの肌も洗える! やわらかさがウリの「棕櫚(しゅろ)のたわし」

次の記事へ

【動画】巨大ジオラマ出現!「ものづくり匠の技の祭典2016」円谷プロのブースを1分の動画にまとめました!

【動画】巨大ジオラマ出現!「ものづくり匠の技の祭典2016」円谷プロのブースを1分の動画にまとめました!

関連記事RELATED ARTICLE

心の故郷を残すプロジェクト。 静かに佇む奈良の町家で和を感じる旅を「HOUSE HOTEL PROJECT」

お子様お断り!? 12歳以上限定となる大人の社交場「登大路ホテル奈良」

奥飛騨の合掌造り風の離れでタイムスリップ! 大人の隠れ家「飛騨つづり 朧」

【ウルトラねこけし】福島編その2!《猫の国》でミルク子猫ちゃんと会ってきた!

ウルトラJオンラインショップ商品も展示・販売中の 「ウルトラヒーローズ EXPO 2017」 に行ってきた!

【ウルトラマンと沖縄のゆかり】第3回「沖縄県にあるウルトラマンスポット 金城哲夫氏が生まれた町「南風原町」とは?

【3分でわかるニッポンの伝統工芸】鳥取:弓浜絣

【ウルトラJニッポン応援企画!】3分でわかるパラリンピック競技解説:水泳(競泳)

東京タワーをバックに映画を観よう! 無料野外上映で映画愛を語れるイベントが10/16に開催

キーワードKEY WORD