ウルトラJ

2016.08.13

旅行
西郷隆盛が愛した温泉宿とは? 和の伝統・数寄屋造り「数奇の宿 野鶴亭」

鹿児島県の霧島は「古事記」の天孫降臨の舞台ともなった場所。霧島にある日当山温泉には、イザナギとイザナミが足の立たない蛭子命を養生させたという伝説があります。「数奇の宿 野鶴亭」はそんな日当山温泉の「野鶴の湯」が満喫できる宿。西郷隆盛も足繁く通ったことでも知られています。南国ならではの風光明媚な温泉宿とは、どんなところなのでしょうか。

 

ultrapoint03
up01目を奪われる庭と温泉。夜にはライトアップも!
up02季節を味わえる懐石料理を、数寄屋造りで食してみよう
up03雨が降ればこそ味わえる、しっとり濡れた中庭もまた風情!


up01見事に石の配置された作庭は必見!

rd850_107_04
出典:http://www.premium-j.jp/travel/19980/
rd850_107_05
出典:http://www.premium-j.jp/travel/19980/

「数奇の宿 野鶴亭」は、その名の通り、和の伝統を継いだ数奇造りの建物をはじめ、客間や作庭の美しさに定評があります。無骨に岩が組まれた大浴場・露天風呂は素晴らしく、夜にライトアップされた風景は心が踊ります。また、露天風呂付きの別邸では、四季折々の風景をお湯につかりながら独り占めするという贅沢な時間を楽しむことも! 月見台のある別邸(閑閑庵)では湯上がりにお月見することができ、お月見シーズンには特にオススメです。

up02旬をいただく懐石料理。春はその息吹を味わう!

rd850_107_07
出典:http://www.premium-j.jp/travel/19980/
rd850_107_08
出典:http://www.premium-j.jp/travel/19980/

温泉宿の楽しみといえば、やっぱり料理! 温泉でさっぱりしたら、旬の食材をふんだんに使った懐石料理で美食を楽しみましょう。3月は「早堀の筍と生若布のしゃぶしゃぶ」、4月は「桜鯛の吹き寄せ盛り」、5月は「初夏のお造り三彩」といったように、その時にしか味わえない食材を使用しています。春の息吹を感じる「タケノコ」や「桜鯛」など、旬の食材をいただくことは、季節そのものを味わうようなものですね。

up03雨の日もまた美しい。しっとりと濡れた中庭の新緑は格別

rd850_107_10
出典:http://www.premium-j.jp/travel/19980/

せっかくの旅行なのに雨が降ってしまうと……という方は多いと思います。しかし、雨が降ったからからこそ、味わえる風情があります。しっとりと濡れた「野鶴亭」の中庭は、このときならではの情感です。このような雰囲気は、訪れた旅人の心を捉えて離しません。番傘でも差してただずみ、いつまでもただ庭を眺めていたいと思ってしまいます。

「数奇の宿 野鶴亭」は、造りでも料理でも、ハイクラスな旅の体験を約束してくれる温泉宿。ぜひ一度、体験してみてはいかがでしょうか?