“天才”日本画家・堂本印象の美術展【INSHO EXPOSITION ~天才!! 印象ワールド~】10/6より京都で開催

このエントリーをはてなブックマークに追加

皆さんは堂本印象という人物をご存じでしょうか?

堂本印象(本名:堂本三之助)は大正から昭和にかけて活躍した日本画家ですが、彼は日本画だけでなく、油彩による肖像画や、風景のペン画など数多くの作品を後世に残しました。

1891年に京都で生まれ、19歳の頃より日本画家を志し、1919年(28歳時)には第1回帝展に初入選(初出展での入選)。1975年に没するまで、近代日本画の発展に尽くしたことでもその名は知られています。

とりわけ、1961年には文化勲章を受章し、また1963年に描いた大阪カテドラル聖マリア大聖堂の壁画「栄光の聖母マリア」では、その功績により当時のローマ教皇ヨハネス23世より聖シルベストロ文化第一勲章を受章するなど、国内外を問わずに活躍をしました。

d5484-154-179248-3
「故父 1924年」

d5484-154-678994-2
「オペラ通り」

このような和洋のテイストを取り入れた絵画作品だけでなく、茶道具類の絵付けや豪華婚礼衣装の下絵など、ジャンルを超えた作品も多く手かげているのがその特徴です。

d5484-154-925139-4
「道程」

d5484-154-577614-1
「松桐鳳凰文様振袖」

そんな堂本印象の生誕125年を記念して、日本画だけではない多彩な才能が見られる美術展「INSHO EXPOSITION ~天才!! 印象ワールド~」が開催されます。また、開催場所となる京都府立堂本印象美術館は、堂本印象本人のデザインによるものだそう。

芸術の秋、紅葉の広がる京都にて、魅力的な作品を眺めてみてはいかがでしょうか?

 

「INSHO EXPOSITION ~天才!! 印象ワールド~」概要
開催会場:京都府立堂本印象美術館
開催日時:2016年10月6日(木)~12月25日(日) 9時30分~17時(入館は16時30分まで)
※毎金曜日は夜間開館(19時30分まで延長、入館は19時まで)
休館日:月曜日 ※但し、10月10日(月・祝)は開館 10月11日(火)は休館
入場料:一般500円(400円)、高校・大学生400円(320円)、小・中学生200円(160円)※()内は20名以上の団体料金
主催:京都府、京都府立堂本印象美術館(指定管理者:公益財団法人京都文化財団)他

 

前の記事へ

【ウルトラJニッポン応援企画!】3分でわかるパラリンピック競技解説:ボート

【ウルトラJニッポン応援企画!】3分でわかるパラリンピック競技解説:ボート

次の記事へ

観光客にもオススメ? 脱出ゲームをリアル体験して日常から脱出してみよう!

観光客にもオススメ? 脱出ゲームをリアル体験して日常から脱出してみよう!

関連記事RELATED ARTICLE

【3分でわかるニッポンの伝統工芸】京都:西陣織

あなただけの世界に1つだけのお箸を! 「おはし工房」のオーダーメイド箸の魅力とは?

京都の匠の技とニッポンのキャラクターが共演! 9/17〜18、西日本最大のマンガ・アニメのイベント「京まふ」開催!

8/20(土)、夜空に輝くウルトラマン花火を見よう! 円谷英二監督の故郷・福島県須賀川市で花火大会が開催!

知っておきたい「ねぶた」と「ねぷた」の違いとは? 青森県の「ウルトラな祭り」5選

「出たな!ペッタラポッタラ!これでも食らえッ!」 ウルトラ【まる怪】グルメ 第15回〜広島編〜

【3分でわかるニッポンの伝統工芸】山梨:甲州手彫印章

【3分でわかるニッポンの伝統工芸】広島県の伝統的工芸品をひとまとめ!

「バンペイユ!これでもくらえ!」 ウルトラ【まる怪】グルメ 第2回〜熊本編〜

キーワードKEY WORD