日本で唯一の砂漠「裏砂漠」 その場所がある意外な都道府県とは?

このエントリーをはてなブックマークに追加

「裏砂漠」は、国土地理院が作成する地図で唯一「砂漠」と表記されている場所。一般的に砂漠の観光地として有名な鳥取砂丘は、地学的には「砂丘」であって「砂漠」ではありません。そもそも砂漠とは「降雨量が極端に少なく岩石や砂が多い土地」と定義されており、日本ではここでご紹介する「裏砂漠」だけが「砂漠」と呼べるそう。さて、そんな「裏砂漠」のある都道府県はどこなのでしょうか?

 

ultrapoint03
up01東京都心から120kmしか離れていない場所の大自然
up02ドラマ「漂流教室」や乃木坂46の「指望遠鏡」のPVロケ地にも登場
up03専門のガイドが付き添ってくれるガイドツアーも

 


up01答えは東京・伊豆大島!

rd850_urasabaku01
出典:http://www.premium-j.jp/travel/15145

「裏砂漠」は伊豆大島の主要な観光スポットの1つであり、伊豆大島の住民の方に言わせれば「裏砂漠にこなければ大島に来たとは認めない」という場所だそう。伊豆大島最大の観光地である火山・三原山の噴出物に、強風や火山ガスの影響で植物が定着しないため、背の低い植物が点在する程度の黒い砂の風景は、日本どころか地球ですらないような異世界の景観です。パンフレットや旅行雑誌などでは「まるで月面」と表現されることもあります。

 

up02荒涼とした景色は、さまざまな作品のロケ地に

rd850_urasabaku02
出典:http://www.premium-j.jp/travel/15145

三原山の過去幾度にもわたる噴火の噴出物によってできた「裏砂漠」。これほどの異世界感は、本来であればCGなどでしか再現できないため、貴重な撮影ロケ地として、ドラマの「漂流教室」や乃木坂46「指望遠鏡」のPVなどでも使用されました。ここでは、砂を踏みしめる音と風の音しか聞こえず、黒い砂と空ばかりの向こうに海が望める景色は、まさに絶景と言えるでしょう。

 

up03都心からのアクセスは最速で2時間!

rd850_urasabaku03
出典:http://www.premium-j.jp/travel/15145

伊豆大島には、竹芝桟橋からの高速船であれば2時間、夜発の大型客船であれば8時間で到着します。海路以外にも、羽田あるいは調布から飛行機で訪れることも可能です。「裏砂漠」へは、まずレンタカーを借りて「月と砂漠ライン入り口」まで向かい、駐車場に車を止めて徒歩で向かうことになります。そこから800mほど歩くと「裏砂漠」に到着。ビューポイントには展望台もあるので、そこで一休みすることができます。一方で「裏砂漠」の中は同じような景色が続くので、方向感覚を失わないよう注意が必要です。道に迷ったり、ビューポイントを見逃してしまったりというトラブルを避けたい人のためには、専門のガイドが付き添ってくれるガイドツアーも用意されています。送迎付きで参加者の体力に合わせてガイドしてくれるので、安心して異世界体験を楽しめます。

普段の旅に飽きてしまった人にもオススメの、都心から近い「裏砂漠」。是非訪れてみてはいかがでしょうか?

 

大島観光協会 裏砂漠
価格:樹海カルデラ外輪山A火口B火口列周遊コース 6000円(税抜)など各種あり

写真提供:大島観光協会

プロフィールPROFILE

ガッツC(キュレーター)

埼玉県出身。その日暮らしを楽しむ旅人。趣味は釣り、キャンプ、ドライブなど。

前の記事へ

ビジネスシーンのヒーローになろう!「西陣織」で作られた遊び心満載のウルトラネクタイ

ビジネスシーンのヒーローになろう!「西陣織」で作られた遊び心満載のウルトラネクタイ

次の記事へ

岐阜県・大垣市の「木枡」の技術を活かした、ウルトラなペン立てが登場!

岐阜県・大垣市の「木枡」の技術を活かした、ウルトラなペン立てが登場!

関連記事RELATED ARTICLE

島崎藤村、梶井基次郎も愛した宿!静岡・伊豆の温泉宿「落合楼 村上」で文豪気分を味わっては?

【3分でわかるニッポンの伝統工芸】山形県の伝統的工芸品をひとまとめ!

【2016年ウルトラJ振り返り企画vol.3】山田洋次監督がコメディ栄誉賞を受賞した「したまちコメディ映画祭 in 台東」を特集 

【1973年のウルトラマンといえば?】円谷プロ創立10周年に『ウルトラマンタロウ』がスタート 「ウルトラマン」50年の歴史を振り返る・その8

日本でイチバン人が集まる神社って? 東京の「イチバン」なスポット3選

お正月をウルトラなグッズで祝おう! おめでたい新年を演出するUJ厳選オンライングッズ5選

ガラスで表現する幻想世界――匠の技が光る「a wa glass 泡グラス」

【1997年のウルトラマンといえば?】つるの剛士さんが主人公を演じた『ウルトラマンダイナ』が放送 50年の歴史を振り返る・その32

行定勲監督も参加するアジアのオムニバス映画共同製作プロジェクト その舞台裏を語るシンポジウムが開催

キーワードKEY WORD