古代ロマンを秘めた地で極上の休日を! 絶景と美食が楽しめる宿「海里村上」

このエントリーをはてなブックマークに追加

古代より大陸と交易を行っていた日本。長崎県の壱岐島(いきのしま)は文物の流通ルートにおける中継地で、「魏志倭人伝」に登場する「一支国」という国が「壱岐」であろうと考えられています。そんな古代ロマンあふれる地にある宿が「海里村上」です。思わず息を飲む、客室や露天風呂からの絶景。贅沢な海の幸やご当地のブランド牛による上質な肉に舌鼓を打つ。まさに最高の休日を楽しめる「海里村上」の魅力に迫ります。

 

ultrapoint03
up01眺望が素晴らしい!「夕日100選」にも選ばれたことも
up02最高級鮑(あわび)をはじめとする、旬のお造りの数々
up03ご当地ブランド・壱岐牛の上質な味わい

 


up01ロビーから、客室から、露天風呂からも雄大な景色が楽しめる!

rd850_106_01[1]
出典:http://www.premium-j.jp/travel/18468/
rd850_106_03[1]
出典:http://www.premium-j.jp/travel/18468/

中に入ってまず驚かされるのは、ロビーからの眺望です。壁いっぱいの高さを持つ大きな三面の窓から一望できる海は、こちらに迫ってくるかのよう。写真だけでも圧倒的な迫力が伝わって来ます。もちろんロビーばかりではなく、客室や露天風呂からも、自然あふれる壱岐の雄大な景色を楽しむことができます。とりわけ夕景は「夕日100選」にも選出されたほどの絶景です。美しい夕方の海をパノラマで眺めながらゆったりとお湯に漬かれば、はるばる訪れた旅の醍醐味が存分に味わえます。

 

up02豊富な海の幸に大満足。特にアワビは絶品!

rd850_106_06[1]
出典:http://www.premium-j.jp/travel/18468/
rd850_106_07[1]
出典:http://www.premium-j.jp/travel/18468/

長崎県壱岐という場所柄、海の幸を堪能したい思いが高まるというもの。もちろんここでは、その思いが十二分に満たされます。イカを素材にした「壱岐剣のお刺し身」は、つやつやとした輝きや、透きとおるような質感に目を奪われることでしょう。ほかにも、オコゼ・イサギ・ヒラメ・寒ブリ・アラ・タコなど、旬のお造りを存分に味わうことができます。特に注目すべきは壱岐の最高級アワビ。高級であるだけでなく、ビタミンBやカルシウム、コラーゲン、タウリンなどが豊富に含まれ、栄養的にも美容的にも格別な一品です。これら贅沢な海鮮料理の数々を是非お楽しみください。

 

up03全国の素牛(もとうし)にもなる壱岐牛を食す至福

rd850_106_10[1]
出典:http://www.premium-j.jp/travel/18468/

見逃せない食材は海の幸だけではありません。有名なブランド牛である壱岐牛も堪能できます。もともと壱岐は全国有数の子牛の産地で、全国各地に運ばれた子牛が各地の素牛(もとうし)となってきた歴史があります。現在でも年間5000頭以上の子牛を生産し、その多くが島外へ出荷されているとのこと。素牛となるべく大切に育成されただけあって、肉質は絶品の一言。「海里村上」では特に、見事な霜降り、上質で素晴らしく柔らかい肉が提供されています。

古代ロマンを感じさせる地、壱岐。ここでは、美観と美食の両方を堪能できる宿「海里村上」が、訪れる人たちをもてなします。歴史ファンはもちろん、リフレッシュしたい方もぜひ一度、足をお運びください。

 

 

前の記事へ

麻布十番で新感覚の和食を! 「可不可 KAFUKA TOKYO」で味わえる和の新境地

麻布十番で新感覚の和食を! 「可不可 KAFUKA TOKYO」で味わえる和の新境地

次の記事へ

野菜なのにお菓子! 伝統の技でつくられるお茶菓子「江戸砂糖漬」のお味は?

野菜なのにお菓子! 伝統の技でつくられるお茶菓子「江戸砂糖漬」のお味は?

関連記事RELATED ARTICLE

【2014年の岡山城】「槍櫓」と「旗櫓」の遺構が出土 「岡山城」50年の歴史を振り返る・その49

ニッポンの笑いを支えてきた日本コメディ会の巨匠・小松政夫さん 下町の映画祭で表彰決定!

【2015年のウルトラマンといえば?】歴代人気怪獣をアーマーとして装備する『ウルトラマンX』が放送 50年の歴史を振り返る・その50

【3分でわかるニッポンの伝統工芸】島根県の伝統的工芸品をひとまとめ!

【3分でわかるニッポンの伝統工芸】広島:熊野筆

【3分でわかるニッポンの伝統工芸】北海道の伝統的工芸品をひとまとめ!

ホロホロと解けるカブの食感に瞠目! バラエティ豊かな福島県須賀川市の郷土料理を味わえる「須賀川kitchenあぐり」

伝統工芸と日本のキャラクターがコラボ! 「信楽焼」でできた「装甲騎兵ボトムズ」の酒器

【2001年の岡山城】第1回「おかやま桃太郎まつり」が開催 「岡山城」50年の歴史を振り返る・その36

キーワードKEY WORD