ウルトラJ

2018.05.30東京都 新宿区

グッズ
大人買い必須!? デビルマン、マジンガーZ、キューティーハニーなどの手ぬぐい4種が登場!

デビルマン
デビルマン

永井豪作品が手ぬぐいになって登場!

アニメ化された永井豪作品は数多くありますが、中でもキューティーハニーはちょっと特別、なんて方もいるのではないでしょうか。ハニーは変身しないと負けちゃうし、でも変身シーンは家族のいる居間のテレビで観ていると気まずいし…なんて経験をされた方も、きっと多いことでしょう。

キューティーハニーの他にも、デビルマンマジンガーZグレンダイザーなど、永井豪先生の作品は、リメイクされたり、現役で連載されていたり、時を経た今でも輝き続けていますよね。そんな名キャラクターの手ぬぐいをここでは紹介していきます。

20180406_tenugui-1941

手ぬぐい専門店ならではの風合い

永井豪作品を粋な手ぬぐいとして作り上げたのは「てぬぐい本舗」。名作マンガやアニメをモチーフにした手ぬぐいを作り続けている専門店です。今回登場した4種類も、綿100%のさっぱりとした生地に、ファンにとってはたまらないイラストを配したデザインとなっています。

 

変身シーンがセクシーな「キューティーハニー」

cth_tng_smpl_cpy160927-01

「キューティーハニー」てぬぐい(薔薇色)

普段は女子高生として学校に通う如月ハニー。実は彼女の正体は、犯罪組織パンサークローと戦うアンドロイドでした。パンサークローが狙うのは、彼女が変身時に用いる体内の「空中元素固定装置」。この装置によりハニーは変身を行うことができるのですが、そんなハニーの変身シーンをこちらの手ぬぐいでは、余すところなく表現しています。スタイル抜群のハニーの姿は何度見ても素敵ですね。

 

cth_tng_smpl_cpy160927-02

「キューティーハニー」てぬぐい(群青色)

ちなみに、当時の少年たちが胸をときめかせたこの変身シーンは、当然のごとくPTAで大問題になりました。そんな子供向けアニメとしてはかなり型破りなこの作品ですが、2004年には佐藤江梨子さんの主演で実写映画化も果たしています。男性だけじゃなく女性の憧れでもあるハニーの手ぬぐい、ファンならずとも一本は欲しいアイテムですね。

 

永遠のダークヒーロー「デビルマン」

「デビルマン」の世界観はとても複雑です。物語の前半はデーモンと合体し、人間の心と悪魔の力を持つデビルマンとなった不動明として、デーモン軍団と戦います。そして物語の後半は、不動明が組織したデビルマン軍団と、デーモンの神・サタンが率いるデーモン軍団との戦いになります。

dvm_tng_smpl_cpy160927-01

「デビルマン」てぬぐい(新橋色)

単純に神が【善】で、悪魔が【悪】ではない世界。それまで勧善懲悪の物語に慣らされていた当時の少年たちは、この作品に強く心を揺さぶられたことでしょう。

dvm_tng_smpl_cpy160927-02

「デビルマン」てぬぐい(鉄紺色)

いまだに熱狂的ファンの多いこの作品は、多くの派生作品が生まれ、実写映画化もされました。そしてたくさんのアーティストが強く影響を受けたと語る作品でもあります。また、今年の1月にNetflixにて世界配信された湯浅政明監督によるアニメ「DEVILMAN crybaby」の大ヒットも記憶に新しいことでしょう。

そんな、ますますファンを増やし続ける「デビルマン」。昨今のブーム再燃にあやかって、こちらの手ぬぐいをお手にとってみてはいかがでしょうか。

 

 

巨大ロボの草分け作品「マジンガーZ」

20180406_tenugui-1940

天才科学者・兜十蔵博士が作ったスーパーロボット・マジンガーZ。それを託された孫の兜甲児が、世界征服を企むDr.ヘルと戦っていくのが「マジンガーZ」の物語です。1972年から放送されたテレビアニメは、平均視聴率22.1%という驚異的な大ヒットを叩き出しました。「巨大ロボットアニメ」という分野は、まさにこの作品が確立したといっても過言ではありません。
mzg_tng_smpl_cpy160927-01

「マジンガーZ」てぬぐい(紺瑠璃)

「マジンガーZ」が当時の子供たちを引きつけた魅力の1つが、ロケットパンチなどに代表される、そのギミックです。この手ぬぐいでは半身をスケルトンにすることで、そんなメカニカルな設計を余すところなく表現しています。

mzg_tng_smpl_cpy160927-02

「マジンガーZ」てぬぐい(緋色)

また、マジンガーZのパートナーとして活躍する女性型ロボット「アフロダイA」も手ぬぐいとなって登場です。胸がそのまま飛び出すという衝撃的なミサイル攻撃(通称、おっぱいミサイル)をご記憶の方も多いのではないでしょうか。

そんな漫画・アニメともに大ヒットを記録した「マジンガーZ」の手ぬぐいですが、ファングッズとして、はたまたお風呂のお供として、ぜひお一つ、いやアフロダイAとの2本セットでどうぞ。

 

 

「マジンガーZ」との繋がりも?「UFOロボ グレンダイザー」gdr_tng_smpl_cpy160927-03

「UFOロボ グレンダイザー」てぬぐい(ウルトラJオンラインショップでは現在お取り扱いしていません)

「マジンガーZ」「グレートマジンガー」に続き、同じ枠で放送されたのが「UFOロボ グレンダイザー」です。主人公の宇門大介は実は地球人ではなく、宇宙征服を企むベガ大王に滅ぼされたフリード星の王子という設定で、ドラマチックな演出が光る作品でした。そんな宇門が故郷を滅ぼされる直前に乗った宇宙船こそがグレンダイザーで、彼らが地球へと落ち延びたことから物語は進んでいきます。

gdr_tng_smpl_cpy160927-02

「UFOロボ グレンダイザー」てぬぐい(ウルトラJオンラインショップでは現在お取り扱いしていません)

第二の故郷となった地球に、再びベガ大王の魔の手が迫り、 宇門大介はグレンダイザーに乗り込んで兜甲児や牧葉ひかるといった仲間とともに立ち向かっていきます。そう、兜甲児という名の通り、裏設定としてマジンガーZと繋がったり、シリーズファンを喜ばせる設定がたまらない作品でした。

gdr_tng_smpl_cpy160927-01

「UFOロボ グレンダイザー」てぬぐい(ウルトラJオンラインショップでは現在お取り扱いしていません)

こちらのデザインは先ほどの「マジンガーZ」と同様の半身スケルトンタイプ。現在、ウルトラJオンラインショップではお取り扱いしていませんので、ご参考までにて。

20180406_tenugui-1929

永井豪ワールド全開の4種の手ぬぐいは、いかがでしたでしょうか? 懐かしさに「もう一度、コミックを全巻読み直そうかな」なんて思えてきますよね。昔は筆箱や下敷き、靴やまくらなどで身近に置けたキャラクターグッズも、大人になったいまでは、所持の仕方に一工夫が必要です。そんな大人になった、かつての少年少女に、これらの手ぬぐいは、答えの1つになるのではないでしょうか。

 

 

キューティーハニー てぬぐい(2種:薔薇色、群青色)
価格:1300円+税
サイズ:90cm×30cm
素材:綿100%
産地:日本

デビルマン てぬぐい(3種:新橋色、鉄紺色、唐紅花)
価格:1300円+税
サイズ:90cm×30cm
素材:綿100%
産地:日本

マジンガーZ てぬぐい(2種:紺瑠璃、緋色)
価格:1300円+税
サイズ:90cm×30cm
素材:綿100%
産地:日本

ご購入はこちらより。

©Go Nagai/Dynamic Planning